プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2017.03.22    カテゴリ:  海自艦艇 

   3月19・22日佐世保港倉島岸壁DDH-144「くらま」

本年度の業務がほぼ終わり、ようやく落ち着いてきましたが、いつまで続くことやら。

さて、先日の日曜日に撮影したDDH-144「くらま」。3隻メザシの一番内側なので見にくいですが、ちゃんと自衛艦旗を掲げています。
147-21.jpg

そして、本日夕方に撮影した分。
147-22.jpg

日没前なので隣の2隻は自衛艦旗を掲げてますが、本日自衛艦旗を返納して除籍になった「くらま」に自衛艦旗はありません。艦尾の艦名も消されています。ここからは見えませんが艦首の艦番号も消されているのでしょう。

旧海軍艦艇から自衛艦へ興味が広がり始めた高校時代に就役した護衛艦達、その最後の艦と言える「くらま」がついに除籍となり、一つの時代が終わったという気が強くします。
艦は消えても記憶は残ります。力強い「くらま」の勇姿は私を含め多くの方の心に刻まれたことでしょう。


さようなら「くらま」。36年間お疲れ様でした!


3月23日追記
長崎新聞HPに記事が出ました。標的艦になるとのこと。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/03/23093127050792.shtml

しかし、産経新聞HPでは解体されるとのこと。
http://www.sankei.com/premium/news/170323/prm1703230007-n2.html

さて、どちらになるのでしょうか。

3月25日追記
昨日朝の通勤時に「くらま」が立神岸壁へ移動しているのを確認しました。早いですね。



2017.03.16    カテゴリ:  海自艦艇 

   3月11日SSK蛇島岸壁DDH-144「くらま」

147-20.jpg
前回記事の写真と同じところから同じアングルですが、先週土曜日に撮影した分です。

前回の写真では短SAMがありませんでしたが、復活してますよ。他はCIWS本体と救命筏が無くなったくらいで意外と残ってますね。
塗装も新しくなっていてあまり退役間近という感じがしません。

「くらま」は今週月曜日に倉島岸壁へ移動しました。いよいよですね。


2017.02.25    カテゴリ:  海自艦艇 

   2月25日SSK蛇島岸壁DDH-144「くらま」

相変わらず忙しい日々が続いています。前回記事分以来撮影にも行けてませんでしたが、本日ちょっと時間がとれましたので退役まであと約1ヶ月となったDDH-144「くらま」の様子を撮影してきました。

「くらま」は昨年末以来倉島岸壁の中央に接岸していましたが、先日SSK蛇島岸壁に移動してきました。
147-18.jpg

だいぶ喫水が上がってますが、退役準備が進んでいるのでしょうね。短SAMランチャーをはじめいろいろと無くなっています。撮影画像を拡大してみるとCIWSの銃身も無いようです。
147-19.jpg

大きな装備品は此所で撤去してから倉島岸壁に戻るのでしょうね。




2017.01.15    カテゴリ:  海自艦艇 

   12月24日佐世保港在泊艦船電灯艦飾

昨年撮影分は年内のうちにと思ってましたが間に合わず、少し遅れましたが昨年最後の撮影分です。

毎年恒例になっている天長節~クリスマスの海自艦艇電灯艦飾ですが、今年も事前の告知はありませんでしたが例年通り23~25日に実施されましたので、24日の仕事帰りに撮影してきました。
干尽の市営岸壁には1930過ぎに到着。すでに電灯艦飾は始まってました。岸壁の東側の端に車を止めて撮影開始。
K-3+(DA16-50mm or F70-210mm), f5.6,WB太陽光で露光時間を10s,13s,15sの3段階で撮影。 
147-01.jpg

147-02.jpg

147-03.jpg

147-04.jpg

場所を西へ数10m移動。
147-05.jpg

147-06.jpg

147-07.jpg

さらに場所を数10m移動。
147-08.jpg

147-09.jpg

147-10.jpg

147-11.jpg

147-12.jpg

電池容量が無くなったためこれで終了です。

2016.12.30    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   12月3日志布志港MST-463「うらが」一般公開

さて、「うらが」の午前の公開時間が1030迄、この時点で1014でしたのでちょっと迷いましたがそのまま進んで「うらが」の見学へ。
146-77.jpg

艦橋横の舷梯を上って乗艦します。上がり切るちょっと手前で銘板を撮影。撮影のタイミングが乗組員の方たちの敬礼とかぶるのが申し訳ないところです。
146-78.jpg

順路に従い通路を後方へ。
146-79.jpg

艦橋構造物後端付近から後方を撮影。
146-80.jpg

ちょっと進んで艦橋構造物後面を撮影。
146-81.jpg

さらに後方へ進み飛行甲板へ。
146-82.jpg

格納庫とクレーン。
146-83.jpg

展示されていたK-13機雷。
146-84.jpg

こちらは訓練用の機雷「グラウンド・ターゲット」、略して「グラタン」。
146-85.jpg

対空識別番号と自衛艦旗。その向こうに「はつしま」。ほぼ無風状態で旗が垂れ下がったままなのが残念。
146-86.jpg

記念撮影用の顔出し看板。
146-87.jpg

「うらが」の外側にメザシ係留している「はちじょう」。本年度僚艦2隻が退役し1隻だけになった「やえやま」型3番艦ですが、この型はこの「はちじょう」だけ見学したことがありません。今回公開中止になったのが非常に残念です。来年度中の退役までに見学する機会はあるのでしょうか。
146-88.jpg

順路に従い右舷側通路を前方へ。
146-89.jpg

艦橋構造物横から「はちじょう」艦橋を撮影。「うらが」上甲板と「はちじょう」艦橋がほぼ同じ高さです。
146-90.jpg

順路は一旦艦橋構造物内に入り中央のラッタルを2段上ったところで通路を後方へ。艦橋構造物後面のラッタルを上って03甲板へ。03甲板後端付近から後方を撮影。
146-91.jpg

右舷ウイングから「はちじょう」を撮影。これを撮影しているところで1030になり一般公開受け付け終了のアナウンスがありました。
146-92.jpg

艦橋内へ。
146-93.jpg

ここでも見学者が多くないのでしばらく待つと一般人のは写っていない写真が撮影できます。
146-94.jpg

これくらいの人出だとゆっくり見学できていいですね。
146-95.jpg

ひととおり艦橋内を見学して順路に従い中央部のラッタルを降ります。第2甲板まで降りたところで銘板を撮影。146-96.jpg

通路を後方へ。プラークの展示。
146-97.jpg

左舷中央部のハッチへ。
146-98.jpg

1041に下艦。
146-99.jpg

下艦後にパンフレットを受領。掃海隊群のパンフレットは八代でもらったのと同じ改組前のものでした。
地本のテントをちょっと覗きます。
146-100.jpg

外観撮影をしながら車に戻ります。「うらが」はこの時間ほぼ逆光です。
146-101.jpg

「はつしま」の横をマモルくんが歩いてきてますよ。
146-102.jpg

「はつしま」の一般公開は1100までなのでまだ受付中です。
146-103.jpg

これで撮影を終了し車に戻ります。駐車場を出て港周辺をロケハンしてから帰路につきます。今回は時間が十分有るためかなり遠回りになりますが通ったことのない道路を通りたいと思い東九州道で帰ることにします。
県道63号を北上し、有明北ICから都城志布志道路経由で都城市内へ。市街地のGSで給油し、道の駅都城でトイレ休憩。ついでに昼食をと思いましたが人が多く断念。都城ICから宮崎道に入り山之口SAで遅めの昼食。清武ICから東九州道に入り宮崎PAで2時間ほど仮眠。その後は東九州道を北上し大分道へ。山田SAで夕食の他はひたすら走って長崎道~西九州道。2030過ぎに帰着。





Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog