プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.06.04    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   5月15日佐世保港倉島岸壁DD-104「きりさめ」一般公開

ちょっと間が空きましたが、5/15分の続きです。


この日ソマリアから帰ったばかりの「きりさめ」が一般公開されるというので久しぶりに倉島岸壁の一般公開に息ました。
ちなみに前日土曜日は一緒にソマリアに行った「ゆうだち」が公開担当でしたが前回書いたように福岡へ行ってました。

久しぶりに行ったら基地の警戒レベルが上がっていて、正門の手前にバリケードが2つ置いてありました。中に入って受付の向こうにもバリケードが2つ。受付してる間に車の下を探知機で探ってました。
受付後はグラウンドの駐車場に車を入れ、カメラ機材持って見学へ向かいます。
岸壁の西の端に「ゆうだち」「きりさめ」の2隻が接岸しています。
024-07.jpg

艦中央部に架けられた桟橋から一旦手前の「ゆうだち」に乗艦します。時間は1405。
024-08.jpg

「ゆうだち」を横切って「きりさめ」へ。
024-09.jpg

左舷側通路を前方に進んでいきます。写真は隣の「ゆうだち」の艦橋構造物。ウイングとチャフ甲板に防弾板が設置してあります。
024-10.jpg

前甲板へ。錨鎖甲板とその向こうにDD-128「はるゆき」。
024-11.jpg

そしていつもの。
024-12.jpg

今回は前甲板の主砲の前と後部の格納庫入り口に各1名の説明係がいましたが、どちらも他の方がずっと話をされていたので直接話を聞くことができませんでしたが、話してる横で撮影しながら聞いてました。
で、撮影していると入港艦が見えましたのでレンズを望遠ズームに付け替えてカメラを向けます。DDG-174「きりしま」が入港してきました。
024-13.jpg

しばらく「きりしま」の入港を追います。曳船が近づいていきます。
024-14.jpg

ここで在泊艦から「第8護衛隊司令に対し敬礼!」の号令がかかりました。写真は「ゆうだち」ウイングの様子。
024-15.jpg

「きりしま」は曳船を従えて立神桟橋へ向かいます。
024-16.jpg

「きりさめ」艦体の陰に隠れて見えなくなるまで撮影を続けます。そのまま右舷側通路を後方へ。写真は後部煙突横から見たマストと全部煙突。
024-17.jpg

後部飛行甲板へ。
024-18.jpg

飛行甲板から立神桟橋を撮影。「きりしま」が接岸作業中です。
024-19.jpg

ヘリ格納庫の上、両弦に防弾板に囲まれた増設機銃座が見えます。
024-20.jpg

支援船桟橋からYO-39「油船39号」が出てきました。「きりしま」への給油に向かうようです。
024-21.jpg

ほぼ同時に「きりしま」の入港支援を終えた曳船2隻が支援船桟橋へ戻っていきます。
024-22.jpg

YT-84とYO-39のツーショット。
024-23.jpg

曳船が戻っていったところで左舷側通路を前方へ。ちょっと気になったのは救命筏の横にあったこの物体。昨年度撮影したこの型の一般公開の写真を見返しましたが、これが写った写真はありませんでした。というかこの辺りを撮影した写真がほとんど無かったorz
024-24.jpg

左舷側スライディングパッドアイに銘板が架けられてました。
024-25.jpg

乗艦したのと同じ桟橋を渡って一旦「ゆうだち」へ。
024-26.jpg

「ゆうだち」に渡ってから「きりさめ」のSSMを撮影。帰って画像整理中に気付きましたが、発射筒の長さが違いますね。
024-27.jpg

1450に下艦。
024-28.jpg

下艦後は外観撮影を。岸壁の西の端へ移動して「ゆうだち」「きりさめ」を後ろから。
024-29.jpg

前から。
024-30.jpg

「はるゆき」。
024-31.jpg

「ひらしま」「やくしま」。
024-32.jpg

この日はこれで終了です。










スポンサーサイト
呉と佐世保、同じ軍港ながら、見せている顔は違いますね。

岸壁のボルト止めされたPC板が気になります、用途は大体判っているのですが、他の岸壁には無い仕様だと思います。
コメントありがとうございます。
この倉島岸壁は今の形に整備されてからまだ5年くらいと比較的新しいので、以前からある岸壁や桟橋には見かけないような設備がありますね。
それにしても目の付け所が違いますね。感心してしまいます。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog