プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.04.12    カテゴリ:  退役艦船 

   4月2日奥洞海除籍自衛艦

前回記事にも書きましたが、この日は奥洞海の解体工場へ行ってきました。


当日は市営岸壁で定点写真撮影の後、佐世保みなとICから高速にのり西九州道~長崎道~九州道。
途中多久西PAで昼食。八幡ICで高速を降り県道を北上して解体工場対岸の洞北緑地へは1420過ぎに到着。
しかしながら当日は花見客で駐車場がいっぱいで停める場所がありませんでした。仕方がないので一旦駐車場を出て橋を渡った先の路肩の広くなったところへ車を停め、カメラ機材担いで徒歩で移動します。

橋を渡る途中で撮影した写真がこれです。画面左側に解体中の旧「はつゆき」が見えます。
019-07.jpg

先月の10日頃からアクセス解析の検索キーワードに「洞海湾 護衛艦入港」「洞海湾の護衛艦」等の語句が散見されるようになりました。
普通に考えればあんな所に護衛艦が入港するわけがありませんが、除籍艦艇なら話は別です。
ご存じの通り洞海湾の一番奥に解体工場があって自衛艦や巡視船艇の多くがここで解体されています。
その後ここに運び込まれたのは「はつゆき」と「おぎしま」との情報を入手。ちなみに同時期に解体工場送りになった「さわかぜ」は江田島の古澤鋼材らしいです。
できれば解体が始まる前に撮影したいと思ってましたが、仕事が忙しくてなかなか休みが取れませんでした。
で、ようやく休みができて撮影に行った次第です。

橋を渡り終えたところから旧「はつゆき」のアップを。すでに解体が始まってましたorz
019-08.jpg

公園まで戻ってきて花見客の間を抜けて護岸の上へ。左端に「おぎしま」の残骸が見えますね。
019-09.jpg

護岸の上を南側へ移動していきます。
019-10.jpg

解体作業をしている艦首部分と元「おぎしま」をアップで。
019-11.jpg

ほぼ真横。まだ解体が始まったばかりのようで、前の週に来てれば解体前の姿が見られたかもしれませんね。
019-12.jpg

諸事情によりこれより南には行けません。手前のバージが邪魔ですねぇ。
019-13.jpg

戻る途中に再度橋の上から全景を。右側の護岸の上を移動して撮影しています。画面左端に写っているクレーンの横(画面外)に前回載せた元「ことざくら」の残骸が転がっています。
019-14.jpg

最後にもう一度元「はつゆき」のアップを。
019-15.jpg



私はこの「はつゆき」を現役時代に見たことがありません。初めて見たのが解体中の姿というのは寂しい限りです。




スポンサーサイト
ご無沙汰しております。
お元気でいらっしゃいますか?

私、ドナドナされる日に観音崎でお別れしたんですけど、このような状態で再見するとは。

ここは何県ですか?
さすがに悲しすぎで会いにいきませんが。
コメントありがとうございます。

この場所は福岡県北九州市になります。
洞海湾の一番奥です。
おじゃまします。
『はつゆき』は現役時代をよく知っているだけに解体作業中の写真は
とても痛々しく、物悲しさもありますね・・・(T_T)
お疲れ様・・・ はつゆき

私が現役時代に活躍していた艦艇が姿を消していく事が
とても寂しく思います。
ご訪問及びコメントありがとうございます。

艦齢を全うした艦が解体されるのは仕方ないことですが、寂しいですね。
スクラップになることで形を変えて世の中の役に立っていくことを願うばかりです。
ショッキングな画像ですねぇ~
愛着のあった『はつゆき』ですから

北九州での解体だったとは知りませんでした
前から壊していくのもビックリです

コメントありがとうございます。

ここの解体の仕方は独特ですね。
前から解体していくのは他ではあまり見ません。


解体される姿を見るのは寂しいですが、それを見届けるのも供養のうちだと思ってますので、機会があればまた様子を見に行きたいと思っています。
昨日たまたま通りがかって、はつゆきが解体されているところを見ました。

時々潜水艦なんかがいるのを見て、解体工場があるんだろうなーとうっすら考えていましたが、それほど関心を抱かずにいました。
ですが今回写真に撮って調べてみて、初めて艦名まで特定できました。

北九州に住んでいると、自衛艦に接する機会はほぼないのですが、生まれ育った若松で終焉を迎える艦があることに、今更ながら驚きを感じています。

長年日本の防衛を担ってきた艦が解体されていくのは寂しいですが、今はただ、はつゆきにありがとうと手を合わせたいと思います。

ちなみに7月13日現在、解体工事は全く進んでいないようです。
私が見たのも、4月の写真とほぼ同じ状態でした。
コメントありがとうございます。
この件に関しては関心のある方が多いようで、アクセス解析の検索ワードランキングによると毎日数件のアクセスがあるようです。
実は私の実家がここから車で20分程の所にあるのですが、ここで艦艇の解体をしていると知ったのは10年ほど前のことです。
解体状況に関してですが、先日の日曜日に撮影してますので後日記事にする予定です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog