プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.02.21    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   2月11日下関港DDH-143「しらね」一般公開(その1)

さて、2/11分ですがまずは下関港編から。


2週続けての下関港となりますが、前週と同じ時間・行程でまずはめかりPAからの撮影を。
今回は撮って出しJPGでこの程度ですので前週よりは大分ましですが、それでもやはり透明度は良くないですね。
015-01.jpg

西へ向かっていくCL-26「もじかぜ」。
015-02.jpg

今度は西からCL-86「おさかぜ」がやってきました。
015-03.jpg

「おさかぜ」が門司の巡視船基地の方へ入ったところまで撮影して車に戻ります。ちなみに「おさかぜ」の配属先は対岸の下関港です。
「しらね」の接岸するあるかぽーと岸壁へは0900到着。ここまで前週とほぼ同じペースです。
まずは全体を撮影。一般公開開始直前の姿。この日は紀元節のため満艦飾をしています。
015-04.jpg

20m程できていた乗艦者の列が無くなったところで乗艦します。時刻は0904。
015-05.jpg

舷梯を登って最初に撮影したのはフロアマットでした。
015-06.jpg

パンフレットを受け取り艦首方向に進んでいきます。舷門の様子はこんな感じです。
015-07.jpg

前甲板へ。アスロック発射機と艦橋。
015-08.jpg

そしていつもの。ここで人が少なくなるのを待っていたら薩摩系久留米人さんとお会いしました。さらに待ち続けていたらこんどはかごんまサンとお会いしました。
015-09.jpg

反対側からも撮影。
015-10.jpg

ここで撮影していると「もじかぜ」がすぐ近くを通り過ぎました。撮影焦点距離55mm。
015-11.jpg

左舷側を後方に進んでいきます。52番砲。
015-12.jpg

気がつくとFM-10「きよたき」が東へ進んでいました。あわててレンズ交換して撮影。
015-13.jpg

艦橋横から艦首方向。手前でシートにくるまっているのはアスロックの装填用クレーン。右上に見えているのもアスロック装填用です。「はつゆき」型から弾庫から直接装填するようになったためこれらの装置はありません。「ひえい」が退役してしまうとこれを装備するのは「しらね」型2隻だけとなります。
015-14.jpg

お約束の浮き輪。
015-15.jpg

これもお約束の3連装端魚雷発射管。
015-16.jpg

順路に従いハッチをくぐって格納庫内へ。着艦拘束装置。
015-17.jpg

格納庫入り口付近にSH-60Kの説明板とフライトスーツの展示。
015-18.jpg

格納庫内全景。ヘリ3機分の格納スペースがあります。「ひえい」とは逆に左舷側に2機収容するようになっています。
015-19.jpg

飛行甲板へ。SH-60Kが1機展示してあります。
015-20.jpg

飛行甲板のマーキング。
015-21.jpg

艦尾の自衛艦旗と対空識別番号を関門橋をバックに。
015-22.jpg

LSO指揮所。
015-23.jpg

再度格納庫内へ。順路は一番奥のラッタルから艦橋へと向かいます。
015-24.jpg




以下次回。











スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog