プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2015.04.19    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   4月4日佐伯港女島埠頭ASR-403「ちはや」一般公開

入港を撮影した鶴谷埠頭から女島埠頭へ移動。埠頭入口の路肩に5台ほど停車していましたが、見覚えのある車がありましたのでここで一旦停車。HARUNAさんでした。しばらく話しをしていましたがもう岸壁には入れるはずと言うことで岸壁へ移動。誘導に従い車を止めます。カメラ機材持ってまずは外観撮影です。「ちはや」の艦尾側から。
124-25.jpg

ここで数枚撮影したところでK-3のWBがCTEになっているのに気づきました。どうりで青っぽくなってるはずです。AWBに直して艦首側から撮影。入港歓迎式典のため乗組員の方が整列しています。
124-26.jpg

「おやしお」を艦尾側から。
124-27.jpg

0825から入港歓迎式典が始まったので見学します。
124-28.jpg

式典終了後に外観撮影の続きを。
124-29.jpg

今回一般公開は「ちはや」のみですが、「おやしお」では海洋少年団の子供達や地本招待者への特別公開があってました。
124-30.jpg

一通り外観撮影した後は物販テントを覗いたり車に戻ったりして時間をつぶしてましたが、0940過ぎに受付テント前に移動。0950頃に「おやしお」見学を終えた海洋少年団の子供達が艦内へ。そして0958に一般公開の受付が始まりました。テントで手荷物検査を受けてパンフレットを受領。
124-31.jpg

桟橋前で金属探知機による検査を受けて1000ちょうどに乗艦します。「ちはや」の一般公開見学は2010年6月の浜田港以来2回目です。前回は右舷側からの乗艦でしたが今回は左舷側から乗艦します。
124-32.jpg

乗艦すると目の前にDSRVがあります。
124-33.jpg

順路は艦首方向へ。格納庫内を進みます。
124-34.jpg

格納庫内からDSRVを撮影。
124-35.jpg

格納庫内を見上げるとこんなものが。
124-36.jpg

格納庫奥左舷側のハッチから艦内通路へ入り艦首方向へ。壁面にプラークや感謝状、賞状などが飾ってあります。
124-37.jpg

艦橋へ上がるラッタルの前に艦銘板や経歴板とともに「えひめ丸」捜索救難活動に対する長官表彰楯がありました。
124-38.jpg

ここからラッタルを3段上って艦橋へ。艦長席の後ろあたりに出ました。
124-39.jpg

しばらく艦橋内をうろついて見学します。奥行きは護衛艦と同じくらいですが横幅があるので広く感じます。
124-40.jpg

一旦左舷ウイングへ出ました。ここから撮影した「おやしお」。
124-41.jpg

艦橋内へ戻り今度は右舷ウイングへ。ここから撮影した前甲板。
124-42.jpg

「おやしお」をアップで。奥に写っている貨物船の接岸しているところが鶴谷埠頭で角の白い看板のあたりが入港を撮影したところです。
124-43.jpg

順路に従い右舷ウイングから後方へ進みDSRV用電池室へ。
124-44.jpg

黄色いカバーが掛かっているのが救難用、かかっていない白いのが訓練用とのこと。そしてに正面にあるのが搭載用のクレーン。これで格納庫内のDSRVにを電池を搭載するのですが、引き出された状態でも搭載可能だそうです。
124-45.jpg

電池室入り口付近のラッタルを降りると格納庫中段の通路へ。
124-46.jpg

さらに艦首側のラッタルを降り格納庫へ。見上げると先ほどの電池室内にあるクレーンの位置にハッチがあります。
124-47.jpg

格納庫内でグッズ販売をしていました。中の人に「お~い ちはや」と書かれた緑のTシャツ(限定品)をおすすめされましたが、ステッカー全6種を購入。ちなみに5種が1枚200円で1種が100円ですが、全6種セットは1000円でした。
124-48.jpg

順路に従い格納庫を出てセンターウェルの右舷側へ。
124-49.jpg

センターウェルの上を見上げて。
124-50.jpg

DSRVの後方にあるのはPTC(人員移送カプセル)。深海飽和潜水のための加圧/減圧にはそれぞれ2週間かかるそうです。大変だ・・・
124-51.jpg

センターウェルから後方の通路へ。救命筏のとなりにある救命浮き輪自動投下装置が他の艦より幅が広いので2個入りかと思ったら半分は空洞でした。
124-52.jpg

通路を後方へ進み、ラッタルを上って飛行甲板へ。
124-53.jpg

飛行甲板はかなり広く感じます。
124-54.jpg

艦尾の自衛艦旗と対空識別番号。
124-55.jpg

「ちはや」には格納庫がなく煙突の後ろがすぐに飛行甲板になってます。
124-56.jpg

しばらく飛行甲板をうろついた後、左舷側前端のラッタルを降り上甲板へ。一旦下艦用桟橋の前を通り過ぎ無人潜水装置を見学。
124-57.jpg

戻る途中でお約束の浮き輪。
124-58.jpg

1110に下艦。
124-59.jpg

下艦後にも再度一通り外観撮影をしましたが、乗艦前と変わり映えしないので1枚のみ。
124-60.jpg

車に戻り休憩してから岸壁を出ます。


以下次回。

スポンサーサイト
お久しぶりです、「ちはや」見どころ満載でいいですよね。
天候が良ければなを良かったでしょう、風も強かったようで。

私ごとですが、Yahooにブログを引っ越ししました。
コメントありがとうございます。
変信遅れてすみません。

ブログの引っ越し確認しております。
個人的な事情でYahooブログへのコメントがちょっと面倒なので
そちらへのコメントはいれておりませんが。
今後ともよろしくお願いします。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog