プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2014.07.24    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   7月20日鹿児島本港DDH-144「くらま」一般公開

今年の海の日関連イベントでは「しらね」型護衛艦を堪能してきました。

19日土曜日は仕事でしたので、帰ってきてから準備等して、日付が変わって0140過ぎに出発。相浦中里ICから西九州道~長崎道へ。
この時点では1番艦の方へ行くつもりでしたが、長崎道運転中に迷いが生じ鳥栖JCT手前の山浦PAにお手洗いに寄った際にカーナビいじって再検討のうえ、先に2番艦のほうへ行くことにしました。
ということで鳥栖JCTでは九州道下り線へ。広川SAで休憩中に入ってきた携帯メールに反応したおかげで熊本市内へ寄り道することになり一旦熊本ICで高速を降り、2時間ほど時間をつぶして国道3号線を南下。松橋ICから高速に入り坂本PAで2時間ほど仮眠。その後は休憩なしで高速を南下し加治木ICから国道10号線へ。しかし国道が途中で渋滞しいつもより20分以上余計に時間がかかってしまいました。
一般公開会場である鹿児島本港北埠頭へは1130頃到着。しかし駐車場の順番待ちが数10台並んでいたので南埠頭の駐車場へ。こちらは半分以上あいてました。カメラ機材もって北埠頭へ移動。鹿児島地本主催自衛隊みなと祭りの目玉行事として護衛艦「くらま」の一般公開が行われています。
114-01.jpg

事前情報はありませんでしたが、電灯艦飾の準備がしてありますよ。三脚持ってきてないのに。
形だけの手荷物検査を受けてさっそく乗艦します。
114-02.jpg

左舷側を通って艦首方向へ。
114-03.jpg

52番砲と艦橋。
114-04.jpg

51番砲まで入れていつもの。
114-05.jpg

後ろを向いて錨鎖甲板を撮影。艦首旗竿には翌日の満艦飾の準備がしてあるのも確認できます。ということは明日は出港しないということですね。
114-06.jpg

右舷側からもいつもの。
114-07.jpg

同様に52番砲だけで。
114-08.jpg

アスロック発射機を右後方から。
114-09.jpg

カバーが掛かってますが艦橋前左舷側にアスロック装填用クレーン。「ゆき」型以降(「さわかぜ」含む)はアスロック弾庫から直接装填するようになりましたので、これを装備しているのは「しらね」型のほかは弾庫のない「あぶくま」型だけです。
114-10.jpg

右舷側通路を後方へ。三連装短魚雷発射管はHOS-301(D)。バックに桜島が写り込むのがいい感じです。
114-11.jpg

お約束の浮き輪。
114-12.jpg

その横にあるハッチから艦内へ。
114-13.jpg

張り紙を見ると艦橋も公開しているような書き方でしたが、私が見学したときには艦橋へ上がるラッタルは規制線の向こう側でした。規制線のところから銘板と艦歴板を撮影。
114-14.jpg

順路は艦尾方向へ。搭乗員待機室を通過。
114-15.jpg

格納庫へ。出たところから艦首方向を撮影。
114-16.jpg

あちこち撮影しつつ後方へ。
114-16.jpg

後部飛行甲板へ。格納庫入り口を撮影。
114-18.jpg

飛行甲板にはヘリが展示してあります。この状態なら航空機に疎い私でもSH-60Kとすぐにわかります。
114-19.jpg

後ろから。
114-20.jpg

艦尾自衛艦旗と対空識別番号と桜島。旗竿にくくりつけられている灰色の布の中には翌日の満艦飾のための信号旗が入っているはずです。
114-21.jpg

メインマストには隊司令旗が掲げられてます。
114-22.jpg

電灯艦飾用のランプ。かなり年季が入ってますね。
114-23.jpg

一通り見学したところで飛行甲板前端付近にかけられた桟橋から下艦。時刻は1233。
114-24.jpg

艦尾のアップ。立ち入り規制がしてあるので後方からの撮影はできません。
114-25.jpg

外観撮影をしつつ艦首方向へ移動。
114-26.jpg

舷門横の銘板。
114-27.jpg

艦首側から桜島と。
114-28.jpg

場所を移動。
114-29.jpg

ここでM氏とお会いしました。しばらく話をしていましたが、午前中は艦橋も公開していたとのこと。私が見学したのが通常なら昼休みになる時間だったから上甲板だけだったのでしょうかね。ここで桜島フェリーが使えるとのことでしたのでM氏と別れてから桜島フェリー乗り場へ向かいました。


以下次回。


舞鶴については明日の仕事が終わる時間次第で行けるかどうか決まります。行けなかったら地元でインド海軍出港撮影です。日の出てる時間に帰れたら弓張岳から撮影をと思って準備してましたが、無理でしたorz


スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog