プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2014.05.19    カテゴリ:  海自艦艇 

   5月6日江田島大須港DD-151「あさぎり」&AOE422「とわだ」&ATS-4303「てんりゅう」

今年の大型連休後半は恒例のどんたく関連の海保体験航海が中止になったため、5/6の練習艦隊呉出港にからめて舞鶴まで行ってこようかなどと考えてましたが、結局は家にこもって画像整理や読書などで時間が過ぎてしまいました。

こうなってくると呉行きのモチベーションも下がってくるわけで、5/5夕方にどうしようかとネットを見ていると、キャプテンファンファンさんのブログで呉出港が1000頃との情報。どうするかなぁと迷いつつAISを覗いてみると西能美島沖の停泊中のマークの脇に「Asagiri」の文字が。一瞬もう出港したのかと思いましたが、ふと思いついて航跡を見ると逆に明日の入港に備えて待機中のようです。ということは明日早朝に一度入港する「あさぎり」が撮影できる!と一気にテンションが上がり、慌てて準備を始め、いつもより早い2200頃出発。

相浦中里ICから西九州道~長崎道~九州道~中国道~山陽道。いつもよりやや車が多いもののスムーズに走れましたが、その分SA・PAが大混雑で多くが車中泊のためなかなか空きが出ません。美東SAでは何とか場所を見つけましたが宮島SAでは結局空いているところがなく給油だけしてトイレ休憩は次の沼田PAへ。そして広島東ICから広島高速1号線~広島呉道路で呉市内へは0330ぎに到着。

ここから橋を2つ渡って江田島へ向かうわけですが、カーナビの地図が古く第二音戸大橋が載ってないので第一音戸大橋へ向かいつつ入口を捜してましたが、カーナビの案内が総監部前を通るバイパスではなく国道475号を行くよう指示していたためそれに従い進んでいくと気がつけば第二音戸大橋の下を通過していました。そしてそのまま第一音戸大橋を渡り倉橋島へ。これがきっかけでカーナビの買い換えを決意しました。途中のコンビニで朝食を買い、0500過ぎに大須港へ到着。朝食後しばらく駐車場に止めた車の中で休憩してましたが釣り人の人たちが7~8人いるので椎の木鼻近くの道路脇に移動しここで「あさぎり」を待ちます。AIS確認のためノートPCを持ってきましたが通信端末を忘れてしまいましたorz

で、読書などしつつ待っていたところ0620に地元ナンバーの車が2台私の後ろに停車し、椎の木鼻の方へ走って行かれましたのでふと沖の方を見ると「あさぎり」がいました。慌ててカメラをつかんで道路反対側のガードレールに駆け寄り撮影開始。すでに500mmでかなりの大きさに写るところまで来ています。
110-01.jpg

どんどん近づいてきます。
110-02.jpg

撮影焦点距離が200mmに近づいたところでK-5+A001に持ち替え撮影続行。
110-03.jpg

DA60-250mmが故障中のため先日からA001を持ち出してますが、軽くて写りもいいのでこれから出番が増えそうです。
110-04.jpg

九州より若干ましとはいえこちらもPM2.5のの影響で空が白いのが困りものですが、背景の島の形がいかにも広島県の山という感じでいいですねぇ。
110-05.jpg

最接近は0629、撮影焦点距離はA001広角端となる70mm。
110-06.jpg

光線状態は順光から徐々に逆光へ変わります。
110-07.jpg

ここからだとすぐに椎の木鼻に隠れてしまいます。
110-08.jpg

ここで一旦車に戻りUターンして100m程西へ移動。東へ向かって進む「あさぎり」を追いかけます。
110-09.jpg

110-10.jpg

切串沖で右に変針し南下していきました。
110-11.jpg

0642に撮影終了。車に戻り大須港駐車場へ移動しました。この頃には防波堤の釣り人の人は1人だけになってましたのでこちらで撮影しようとやってきたわけですが、待っているうちにぽつりぽつりと釣り人の人たちがやってきて結局先ほどと同じくらいの人数になってしまいました。
そんななか、車で休んでいると沖の方から漁船や貨物船とは異なるディーゼルエンジンの重低音が響いてきたのでふと外を見ると生け垣の上に補給艦と思しき艦橋構造物が見えました。慌ててカメラをつかんで防波堤へ。AOE-422「とわだ」ですが、すでに後ろをむきかけてます。撮影焦点距離55mm。Σ50-500mmズーム広角端付近です。
110-12.jpg

そのまま陸地に隠れるまで追い続けます。
110-14.jpg

110-15.jpg

110-16.jpg

0730に撮影終了。その後は駐車場に止めた車の中で読書などしつつ時間をつぶします。1000過ぎに三脚を含むカメラ機材を抱えて防波堤へ移動。釣り人の人たちに混じって出航艦を待ちます。
そして1010頃、ようやく出航艦が姿を現しましたが・・・
110-17.jpg

やってきたのはATS-4203「てんりゅう」でした。右側の椎の木鼻に同業者の姿が見えます。
ゆっくりと近づいてきます。
110-18.jpg

途中街灯の支柱や釣り人の人たちが映り込むため一時撮影中断せざるを得ません。
110-19.jpg

撮影再開。
110-20.jpg

なんだか徐々に速度が落ちてきてますよ。
110-21.jpg

110-22.jpg

110-23.jpg

艦内放送が聞こえてきました。どうやら霧中航行訓練のようです。
110-24.jpg

最接近は1021、撮影焦点距離82mm。
110-25.jpg

視界が晴れたとの想定で徐々に速度を上げていきます。
110-26.jpg

110-27.jpg

110-28.jpg

110-29.jpg

110-31.jpg

500mmでも小さくなったので一旦撮影を終え次に備えます。1027撮影。
110-33.jpg


以下次回。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog