プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2013.09.29    カテゴリ: 海保船艇体験航海(海保) 

   9月7日防災クルーズin錦江湾午後の部(その1)

仕事が忙しくなかなかブログ書くヒマがありません。またしても間がかなり空いてしまいましたが、9/7分の続きです。


受付前で薩摩系久留米人さんとも合流。受付を済ますとターミナルへ入り早速乗船のための列の先頭から2組目に並びます。その横にステージが準備され1330から一日船長の命名式が始まりました。一日船長は公募で選ばれた市内の小学生の女の子です。
100-29.jpg

1345から乗船開始。ターミナルのガラス戸が開けられ岸壁に接岸する「おおすみ」へ向かいます。
100-30.jpg

そのまま船橋横の舷梯から乗船します。
100-31.jpg

午前の部に乗船したお二方に従い船橋甲板へ。KittyHawkさんと共に右舷側椅子席の最前列船首側を確保しました。ここから見た桜島。手前に「はましお」がいます。
100-32.jpg

1400から格納庫で火山防災講習があってましたが、小学生向けということもありスルー。
全員の乗船が終わり、1425に船橋からの号令により舫いが放されました。
100-33.jpg

岸壁に整列した中の人達が「帽ふれ」で見送る中、「おおすみ」が後進しつつ岸壁を離れます。
100-34.jpg

100-35.jpg

そのまま北埠頭沖へ。北埠頭に接岸する「QEEN CORAL 8」。
100-36.jpg

同じく北埠頭の「フェリーあまみ」。
100-37.jpg

北埠頭沖で回頭し港外へ向かって進んで行きます。
100-38.jpg

防波堤の灯台では中の人が手を振ってます。
100-39.jpg

桜島からはまたしても噴煙が上がっています。
100-40.jpg

港外に出たところで左に変針し北上して行きます。
100-41.jpg

今回の体験航海がいつものJCGクルーズと違うのは、鹿児島市及び鹿児島地方気象台と共催であり、「桜島大正噴火と8・6水害に学ぶ」というサブタイトルが付いていることです。このうち8・6水害は平成5年8月豪雨による土砂災害のことで、このとき土石流が発生した鹿児島市吉野町竜ヶ水地区の沖を通過する際に飛行甲板では地区の住民代表の方が災害の概要説明を行っていたようです。
100-42.jpg

1500過ぎには右舷前方に展示訓練参加船艇が待機しているのが見えてきました。
100-43.jpg

左舷前方にはPL-07「さつま」がいます。
100-44.jpg

後方警戒に当たっていた「はましお」が右舷正横に移動してきました。後甲板でなにやら作業してます。
100-45.jpg

水測機器投入のデモンストレーションを行いました。桜島をバックにした「はましお」。
100-46.jpg

右舷前方からMA951「うみつばめ」が飛来しました。
100-47.jpg

続いてMA962「まなづる」がやってきました。船艇運動に備えて移動する巡視船艇の上空を通過します。
100-48.jpg

「いそしお」が水測機器を曳航したまま反転します。
100-49.jpg

船隊運動訓練参加船艇3隻が増速して近づいてきます。
100-50.jpg

先頭を走るのはPS-17「たかちほ」。
100-51.jpg

右に変針して近づいてきます。
100-52.jpg

そのまま旋回を続け「おおすみ」と併走します。巡視船艇の後方に「まなづる」が続いています。
100-53.jpg

「おおすみ」を追い越していく「たかちほ」。
100-54.jpg

続いてCL-47「さつかぜ」が通過。
100-55.jpg

さらにCL-156「しろかぜ」が通過。
100-56.jpg

最後に「まなづる」が航過。
100-57.jpg

「おおすみ」横を通過した巡視船艇。
100-58.jpg

次の展示訓練に備えて右へ変針しました。
100-59.jpg

続いて漂流者救助訓練が始まります。2ヶ所に発煙筒を持った漂流者がいます。近くにいる警備救難艇は「さつま」搭載艇です。
100-60.jpg

このうち1人に警備救難艇が近づき、飛び込んだ潜水士により警備救難艇へ引き揚げられます。
100-61.jpg

100-62.jpg

続いてもう1人のほうへ「まなづる」が近づいていきます。
100-63.jpg

「まなづる」から降下した機動救難士により吊り上げられて「まなづる」へ収容されます。
100-64.jpg

この間に「おおすみ」は180°回頭し南へ向きを変えます。先ほどとは逆に薩摩半島をバックに「たかちほ」と「さつかぜ」。
100-65.jpg

右舷前方に「さつま」がいます。
100-66.jpg



以下次回。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog