プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.29    カテゴリ:  海自艦艇 

   6月8日長崎港SS-598「やえしお」入港

すでに3週間以上過ぎてしまいましたが、滅多に更新されない長崎地本HPにおいて6/4に珍しく艦艇広報の告知が出ました。
某巨大掲示板の書き込みでそれを知り張ってあったリンクを開くと、「おやしお」型SSの写真とともに潜水艦長崎入港に伴う艦艇広報の告知がありました。派手なフォントなどは一切無く見た目には地味なページには「潜水艦の上甲板だけでも歩いてみませんか?記念写真の撮影も自由に出来ます。」などと書かれていました(表現についてはうろ覚えなので不正確です)。
潜水艦の艦艇広報といえば通常は募集対象者・協力会関係者等の招待者や事前公募の一般客に対する艦内特別公開か岸壁からの見学が一般的ですが、上甲板のみとはいえ一般公開とは非常に珍しく、少なくとも私の知る限り他にありません。写真も自由に撮れるとなればこれは行くしかありません。
公開日は6/8(土)~10(月)の3日間。出入港の時刻は記載がありませんでしたが、その公開時間等から8日朝入港11日朝出港と予想。入港を撮影しようと8日に出撃しました。

当日0330過ぎに出発。国道205号を南下し東彼杵ICから長崎道~長崎南環状線で長崎市内へ。水辺の森公園に隣接する市営常盤駐車場へ0550過ぎに到着。ここで1時間半ほど仮眠し、0730頃お手洗いに行くついでに岸壁を覗いてみると地本のテントが準備中でした。これは入港が近いぞということで駐車場を出て戸町の岸壁へ。
釣り人の人達の間に場所を確保し沖を眺めながらしばらく待ってましたが、航路中央付近に浮かぶ船影がどうもそれっぽいことに気付き、望遠ズーム望遠端(250mm)で撮影して背面液晶で拡大すると、まさに「おやしお」型SSでした。後ろに漁船が重なってるので気付くのが遅れました。
092-01.jpg

あまりにも遠いのでΣ50-500mmに交換。再度カメラを向けたときには港内へ向けて左に転舵し始めていました。
092-02.jpg

航路に沿ってゆっくりと進んで行きます。神ノ島沖には入港支援の曳船も出て来ています。
092-03.jpg

この時点ではまだ艦名は判りません。
092-04.jpg

092-05.jpg

曳船の横を通過します。この曳船、普段は佐世保に係留されている「新洞海丸」ですよ。わざわざこのために長崎まで来たのでしょうか。
092-06.jpg

092-07.jpg

ここまで撮影した所で車に戻り、女神大橋下の道路公園に向かいましたが開門が0900ということで閉鎖されていましたのでその先のバス停へ。すぐに潜水艦が姿を現しました。横にいる曳船は「とびうめ丸」。先ほどの「新洞海丸」は潜水艦の後方にいます。
092-08.jpg

0834に女神大橋を通過。
092-09.jpg

最接近は望遠ズーム広角端(60mm)でギリギリです。レンズ交換しているヒマはないのでそのまま撮影続行します。気がつくと巡視艇とすれ違いました。
092-10.jpg

すれ違った巡視艇はCL-89「のもかぜ」。
092-11.jpg

潜水艦はゆっくりと港内へ向け進んで行きます。
092-12.jpg

「右帽ふれ」がかかりました。国分町あたりにお迎えの方達がいるのでしょうか。
092-13.jpg

ここまで撮影した所で車に乗り込み常盤駐車場迄戻ります。駐車場に車を入れ、カメラ機材掴んで岸壁へ向かいます。駐車場を出たところで1枚撮影。
092-14.jpg

車道を横断し岸壁へ。先ほどよりさらに速度を落として接近してきます。
092-15.jpg

女神大橋をバックに。
092-16.jpg

岸壁を移動しつつ撮影続行。バックの三菱重工長崎造船所立神岸壁にDDH-144「くらま」が写っています。
092-17.jpg

橋を渡り水辺の森公園出島岸壁へ。曳船との間に洩索が渡されています。
092-18.jpg

092-19.jpg

サンドレッド投擲に備えて少し離れます。
092-20.jpg

長崎地本の方達の舫い作業。
092-21.jpg

潜水艦が接岸作業を行っている先には愛知県立三谷水産高校の実習船「愛知丸」が接岸していますが、実習生が船尾に集まって潜水艦の接岸作業に見入っています。
092-22.jpg

潜水艦のほうは曳船が離れ、舫い綱を巻き取りながら徐々に岸壁に近づいていきます。
092-23.jpg

0907に接岸完了。
092-24.jpg

曳船が離れ桟橋設置作業が始まります。
092-25.jpg

ここで艦橋トップの浮き輪を望遠ズームで撮影してようやく艦名が判明しました。SS-598「やえしお」です。
桟橋が設置され、岸壁では入港歓迎式典の準備が進みます。
092-26.jpg



以下次回。


スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。