プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.11.04    カテゴリ: 海自艦艇体験航海(海自) 

   10月8日第1回観艦式事前公開(その6)

「はるさめ」の右舷前方には「あたご」、その前方に「ぶんご」がいます。どうやら「ぶんご」「あたご」「はるさめ」の順に浦賀水道を航行するようです。
080-187.jpg

そして「はるさめ」の左舷後方に「ひゅうが」。艦船撮影の場合なかなか「逆光は勝利」とはいかない場合が多いです。
080-188.jpg

「いせ」「おおなみ」が西側から「ぶんご」の前に入ってきます。
080-189.jpg

080-190.jpg

「はるさめ」の後方には「ひゅうが」が続きます。その後方に自動車運搬船とコンテナ船を挟んで「しらね」がいます。その後「はたかぜ」「くにさき」「はるゆき」「あきづき」と続くようです。
080-191.jpg

「いせ」「おおなみ」が浦賀水道入口の浮標を通過しました。「ぶんご」は「あたご」に隠れて見えません。
080-192.jpg

浦賀水道へ進入すべく「ぶんご」が左に回頭します。
080-193.jpg

「あさゆき」「いせ」「おおなみ」「ぶんご」「あたご」そして「はるさめ」の順で浦賀水道を北上して行きますが、単に水道を航行しているだけなのでけっこうバラバラです。
080-194.jpg

後方を見ると「ひゅうが」が左舷側から右舷側に移動してきました。
080-195.jpg

「ぶんご」が浦賀水道屈曲部の浮標を通過。「あたご」がそれに続きます。
080-196.jpg

080-197.jpg

浦賀水道を北上する艦艇群。「ちょうかい」が木更津へ向かうべく東へ進んでいます。
080-198.jpg

さて、1535になると「甲板作業員集合5分前」がかかりました。飛行甲板に荷物を置いたまま前甲板で撮影してましたが、そろそろ入港作業に伴う立ち入り規制が始まることから撮影しつつ飛行甲板に戻ります。
080-199.jpg

左舷側通路を移動中に「ひゅうが」を撮影。
080-200.jpg

飛行甲板についたときにはすでに立ち入り規制のための移動が始まってました。私の荷物は士官の方が持って探されていました。お手数を掛けて申し訳ないです。荷物を受け取り出港時にいたのと同じ左舷側通路の救命筏の前に移動しました。
さて、このころには浦賀水道を抜け、前方では「あたご」が「ぶんご」を追い越しにかかりました。
080-201.jpg

「はるさめ」は横須賀新港へ向かうべく航路をはずれ左に変針しました。
080-202.jpg

横須賀新港沖に浮かぶ猿島の北側をまわって入港していきます。
080-203.jpg

1609に接岸する岸壁の沖までやってきました。岸壁では「おおなみ」の舷側に防舷物を設置しています。「入港用意」の号令は艦橋見学中の男子小学生でした(艦内放送で名前まで放送してました)。
080-204.jpg

防舷物の設置が終わるとすぐに曳船がやってきました。艦尾側に「荒崎丸」が近づいてきます。
080-205.jpg

艦首側には「浦賀丸」がつきます。
080-206.jpg

曳船に押されつつ艦尾側から「おおなみ」に近づいていきます。マストの方を見上げていると前部煙突横に「おおなみ」のマストが見えてきました。
080-207.jpg

1623に接岸作業が終わり曳船が離れました。沖の方を見ると「あきづき」が北上して行くのが見えます。
080-208.jpg

「あきづき」をアップで。
080-209.jpg

さらに「せとぎり」が続きます。
080-210.jpg

しばらくして下艦開始の放送がありました。ここで退艦確認用のカードを紛失した方は下艦が一番最後になるとのこと。実は往路のかなり早いうちにケースが空になってました。風で飛ばされてしまったようです。ということでどうせ最後になるのがわかってましたので乗艦者がいなくなるまでその場で時間をつぶします。気がつけばマストに自衛艦旗が揚がってました。
080-211.jpg

通路に人がいなくなったところで格納庫へ移動。ここでまた人が少なくなるまで時間をつぶします。
080-212.jpg

人が少なくなったところで飛行甲板にでてちょこちょこ撮影を。「おおなみ」「たかなみ」では電灯艦飾の準備が始まっています。
080-213.jpg

残り20人ほどになったところで右舷側通路を進んで舷門へ。パスケースを返す際に「紛失しました」と申告するとセーフティコーンとバーで囲った一角に誘導されました。最終的に紛失者は私も含めて10人いました。全員が舷門を通過したところで退艦確認カードの枚数を数えて乗艦確認カードの枚数と岸壁で計測した退艦者数との照合を行ってその差が10名と確認したところで退艦許可が出ました。
080-214.jpg

乗組員の方に先導されて退艦します。「はるさめ」退艦者用に掛けられていた「おおなみ」「たかなみ」飛行甲板の桟橋がはずされていたので誘導に従い艦中央部の桟橋を渡ります。
080-215.jpg

1706に岸壁に降りましたが、一般人では最後の下艦になりました。
080-216.jpg

岸壁は改正SOLAS条約による立ち入り制限区域で、1700で閉鎖されます。門番の方が閉めるから早く出てくださいと連呼していますので早足でゲートの外に出ました。出たところで最後の1枚を撮影してカメラをカメラバックに戻しました。
080-217.jpg

そしてそのまま歩いて横須賀中央駅から特急に乗り、横浜駅でエアポートライナーに乗り換えて羽田空港へ。
1850頃空港に到着したので、空港内のフードコートで夕食。2000発のANA福岡行き最終便で福岡空港へ。出発が遅れたこともあり到着は2210過ぎ。駐車場へ徒歩で移動し駐車場を出たのが2225頃。太宰府ICから高速に乗り九州道~長崎道~西九州道。相浦中里ICを降り何とか日付が変わる前に帰着しました。

これで観艦式(第一回事前公開)の記事は終了です。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog