プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.10.22    カテゴリ: 海自艦艇体験航海(海自) 

   10月8日第1回観艦式事前公開(その2)

さて、「はるさめ」がそろそろ浦賀水道を出ようかというところで後方をみると、やや離れたところに「せとぎり」がいてその後方右側に「あきづき」がいます。「せとぎり」に隠れてますが「おおなみ」がちょうど浦賀水道に入るところで左側に横須賀新港から出て来た「たかなみ」が見えます。
080-033.jpg

「はるさめ」に先行しているのはミサイル艇2隻。その先に「うみぎり」がいるはずですが見えません。
080-034.jpg

しばらくは少しずつ近づいてくる「せとぎり」をバシバシ撮影。
080-035.jpg

噂?の「東空会(東京湾フェリーから空母を撮る会)」会場となる東京湾フェリー「かなや丸」。観艦式参加艦艇を撮る会も企画されていたようですが、これは普通の定期便のようですね。
080-036.jpg

さて、浦賀水道を抜けると左(西)へ進路を変えます。後方に「せとぎり」「おおなみ」「あきづき」「はたかぜ」が続いています。
080-037.jpg

「せとぎり」は「はるさめ」の後ろを付いてくるのではなくもう少し北側によったところで減速しました。
080-038.jpg

後続の艦も順次浦賀水道を出て来ます。「あきづき」「はたかぜ」「しらね」「はるゆき」と続いています。
080-039.jpg

「あきづき」が西へ変針しました。
080-040.jpg

さらに「はたかぜ」「しらね」が続きます。「はるさめ」が進んでいるところよりも随分北側で変針しています。
080-041.jpg

ここから受閲部隊の隊列を組んでいくようです。受閲部隊旗艦「あきづき」を先頭に2番艦以降「はたかぜ」「しらね」と続いてます。その右側に5番艦となる「おおなみ」、さらにその右側に8番艦となる「せとぎり」がいます。私が乗艦している「はるさめ」は6番艦です。
080-042.jpg

使用している望遠ズーム(DA60-250mm)の望遠端でそこそこの大きさに写る所を通過して行きます。先頭の「あきづき」。第1護衛隊群第5護衛隊所属,定係港佐世保。ご存じの通り今年3月に就役したばかりの最新鋭艦で、私の地元佐世保を定係港とする艦ですが、航行中の姿を撮影したのはこの日が初めてです。
080-043.jpg

受閲2番艦(第1群1番艦)「はたかぜ」。第4護衛隊群第4護衛隊所属,定係港横須賀。DDGとしてはいろいろと特徴の多い艦ですが、イージス艦の陰に隠れて地味な存在になってしまってます。
080-044.jpg

受閲3番艦(第1群2番艦)「しらね」。第3護衛隊群第3護衛隊所属,定係港舞鶴。現役最古参の自衛艦で、建造中の23DDHが就役するH26年度末に除籍予定になっていますので、これが最後の観艦式になります。
080-045.jpg

受閲5番艦(第2群2番艦)「おおなみ」。第2護衛隊群第6護衛隊所属,定係港横須賀。この型はどれも私にとって撮影する機会が少ないのでシャッターを切る回数がやや多くなります。
080-046.jpg

「おおなみ」が通過したところで「はるさめ」が右へ変針しつつ増速し、隊列に近づいていきます。「おおなみ」の後方には受閲4番艦(第2群1番艦)「たかなみ」(第2護衛隊群第6護衛隊所属,定係港横須賀)がいます。
080-047.jpg

右舷後方を見ると、受閲7番艦(第3群1番艦)「いせ」(第4護衛隊群第4護衛隊所属,定係港呉)以下、受閲9番艦(第3群3番艦)「はるゆき」(第13護衛隊所属,定係港佐世保)、受閲10番艦(第3群4番艦)「あさゆき」(第13護衛隊所属,定係港佐世保)が続いています。その右側に受閲8番艦(第3群2番艦)「せとぎり」(第3護衛隊群第7護衛隊所属,定係港舞鶴)が「いせ」の後方に付くべく増速しているのが見えます。
080-048.jpg

ここまで飛行甲板で撮影していましたが、右舷側通路を通って前甲板へ。右前方では「たかなみ」が「おおなみ」の向こう側を追い越していきます。左側に「しらね」「はたかぜ」が見えてますが、「あきづき」は「はたかぜ」と重なって見えません。
080-049.jpg

受閲部隊旗艦~6番艦までの単縦陣が完成しました。左側には掃海艇の単縦陣が見えます。
080-050.jpg

後方では受閲第3群の4艦+「ぶんご」(受閲14番艦/第5群1番艦,掃海隊群直轄,定係港呉)が単縦陣を形成しています。
080-051.jpg

バラバラだった隊列が少しずつ揃っていきます。見ていると「はるさめ」も含め艦首の向いている方向とは若干斜行している方向に進んでいます。これが平成21年度観艦式DVDで平間洋一氏が話していた『波浪の影響で艦首を斜めに向けつつ隊列として同じ方向に進む』というやつかとちょっと感動。
080-052.jpg

080-054.jpg

さて、そうしているうちに掃海艇の隊列が近づいてきました。写真には写ってませんがその前方には潜水艦の隊列も見えます。
080-053.jpg

再度飛行甲板へ移動。後方の単縦陣も揃ったようです。「いせ」の甲板上に「せとぎり」のマストの頂上だけ写ってます。
080-055.jpg

受閲第5群を構成する掃海艇部隊を追い越していきます。受閲第19番艦(第5群6番艦)「えのしま」。横須賀地方隊第41掃海隊所属,定係港横須賀。海自初のFRP製掃海艇で今年3月に就役したばかりの最新鋭です。一度佐世保に寄港した際に撮影してますが、まともに撮影したのはこの日が初めてです。逆光気味なのが残念。
080-056.jpg

受閲第18番艦(第5群5番艦)「たかしま」。掃海隊群第2掃海隊所属,定係港佐世保。こちらは最後の木製掃海艇。
080-057.jpg

少し変針したためか後方の単縦陣が少しずれてきました。写真的にはこちらの方が良いですね。
080-058.jpg

受閲第17番艦(第5群4番艦)「ひらしま」。掃海隊群第2掃海隊所属,定係港佐世保。
080-059.jpg

「はるさめ」自衛艦旗と受閲第3群の護衛艦群。右側には掃海艇部隊の先頭に立つべく進んで行く「ぶんご」が見えます。
080-060.jpg

受閲第16番艦(第5群3番艦)「みやじま」。掃海隊群第1掃海隊所属,定係港呉。
080-061.jpg

受閲第15番艦(第5群2番艦)「あいしま」。掃海隊群第1掃海隊所属,定係港呉。
080-062.jpg

「ぶんご」が掃海艇部隊を追い越していきます。
080-063.jpg

「はるさめ」のほうは受閲第4群を構成する潜水艦部隊を追い越していきます。受閲第13番艦(第4群3番艦)「わかしお」。第2潜水隊群第4潜水隊所属,定係港横須賀。現役最後の涙滴型潜水艦で今年度末には退役予定です。
080-064.jpg

受閲第12番艦(第4群2番艦)「いそしお」。第1潜水隊群第1潜水隊所属,定係港呉。現在の主力潜水艦である「おやしお」型5番艦。潜水艦を艦名が判る状況で撮影出来るのは観艦式や展示訓練以外ではなかなかありません。
080-065.jpg

後方の護衛艦群も艦首を斜めに向けつつ進んでいます。
080-066.jpg

「ぶんご」が掃海艇群の先頭に立ち受閲第5群の掃海部隊の単縦陣が完成しました。
080-067.jpg

受閲11番艦(第4群1番艦)「けんりゅう」。第1潜水隊群第3潜水隊所属。定係港呉。海自初のAIP潜水艦「そうりゅう」型4番艦で今年3月に就役したばかりの最新鋭です。
080-068.jpg

「はるさめ」の後方に受閲第3群から第5群までが揃いました。
080-069.jpg

その後方に付くはずの受閲第20番艦(第6群1番艦)「くにさき」(護衛艦隊第1輸送隊所属,定係港呉)は右舷前方に見えてます。
080-070.jpg

潜水艦部隊が右に変針して「あさゆき」の後方に移動します。
080-071.jpg

その後「ぶんご」以降の艦艇が一斉に変針します。
080-072.jpg

「せとぎり」以降「えのしま」までが「いせ」の後ろに隠れました。
080-073.jpg

以下次回。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog