プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.07.28    カテゴリ:  海保船艇 

   7月16日徳山港PM-96「くろかみ」出入港

この日の体験航海は私が参加した午前の他に午後から2回、計3回行われました。1330出港の第2便の出入港を撮影すべく1315に岸壁に戻ってきました。今回は岸壁に車を入れ、中の人達の物と思しき車列の一番外側に駐車し、カメラ機材持って岸壁へ向かいます。すでに全員乗船し終わって出港準備作業中です。
073-108.jpg

岸壁には中の人達の他は家族連れと思しき人達が10数人ほどしかいません。出港準備作業が進み1327に1番と4番の舫いが放たれました。
073-109.jpg

続いて3番,2番の順に舫いが放たれそのまま平行移動で沖に出て行きます。
073-110.jpg

073-111.jpg

沖に出て錨が揚がるまでその場で一旦停止します。
073-112.jpg

錨が揚がったところで前進開始しました。
073-113.jpg

午前中は「なちかぜ」が後方警戒に付いてましたが、この回は「なちかぜ」はいません。また放水展示をしていた「なち」の姿も見えません。寂しいですね。
073-114.jpg

速度を上げて港外へ。
073-115.jpg

073-116.jpg

1336で一旦撮影を終了し、車に戻って一休みします。岸壁にいた他の一般人もいなくなり、中の人達も2人ほど残してどこかへ行ってしまいました。
そして1430に島影から「くろかみ」が姿を現しましたのでカメラだけ持って岸壁へ。この少し前に中の人達も戻ってきました。
073-117.jpg

着けていた望遠ズームではまだ遠いので一旦車に戻りレンズをΣ50-500mmに付け替えて撮影再開。
073-118.jpg

このとき岸壁には一般人は私の他は母親と息子(中学生?)と思しき男女のみ。母親の方が望遠ズーム付きのデジタル一眼レフを構えてました。やがて500mmでいっぱいに写るようになりました。
073-119.jpg

撮影焦点距離が300mmを切ったところでDA60-250mmに付け替えます。岸壁の沖で減速します。
073-120.jpg

右舷側の錨を入れます。
073-121.jpg

そして1444に一番舫いが繋がれました。
073-122.jpg

073-123.jpg

時計回りに向きを変えて岸壁と平行にむけます。
073-124.jpg

073-125.jpg

平行を通り過ぎて船尾側を岸壁に寄せて4番舫いを岸壁に繋ぎます。
073-126.jpg

そのまま岸壁に寄せて2番3番舫いも岸壁に繋ぎます。
073-127.jpg

そして船首側を岸壁に寄せていきます。
073-128.jpg

1455に接岸完了。
073-129.jpg

桟橋設置作業を横目に見ながら車に戻り岸壁を出ました。

「くろかみ」が戻ってくるのを待つ間に『世界の艦船』7月号を見ていたところ、徳山海上保安部には午前中撮影した船の他にCL-40「にじかぜ」とSS-58「かりいな」が配備されているとのこと。しかし徳山海上保安部前の桟橋には姿がありませんでした。受付テントでもらった六管のパンフレットに徳山海上保安部の下に下松分室と三田尻中関分室があるとのことでしたので、そちらに1隻ずつ配備されていると思われます。カーナビにそれぞれの場所を入れてみると下松分室は約40分、三田尻中関分室は約80分とでましたのでとりあえず下松分室に向かってみました。
そして1335頃下松分室が入る雑居ビル前に到着。ここから船が係留されてそうな岸壁を探していろいろうろついてみましたが、それらしき船が見当たりません。監視取締艇だとぱっと見には普通の船と見分けが付きにくいので見落としてるのかもしれませんが、30分程うろついて見つけられなかったのであきらめてそのまま帰路につきました。
徳山東ICから山陽道~中国道~九州道~長崎道~西九州道で佐世保帰着は2000頃。



次回から7/22分です。


スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog