プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.06.13    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   5月26日博多港中央埠頭ATS-4202「くろべ」一般公開

いつもの駐車場に車を駐めて歩いてイベントバースへ。1338に到着。
068-23.jpg

そのまま受付テント前へ。
068-24.jpg

パンフレットを受け取り艦中央部にかけられた桟橋から乗艦します。
068-25.jpg

乗艦すると右舷側通路を前方へ。
068-26.jpg

艦橋構造物後端のラッタルを登り煙突前へ。
068-27.jpg

マストの後ろ側を真下から。
068-28.jpg

さらにラッタルを登って露天艦橋へ。後端から煙突を撮影。
068-29.jpg

左舷側の内火艇を上から。
068-30.jpg

露天艦橋。中央にFCS-2。
068-31.jpg

FCS-2基部に扉のない百葉箱。中身は市販の乾湿度計です。
068-32.jpg

上から覗いた左舷ウイング後端。写真に写っているラッタルを降りて左舷ウイングへ。
068-33.jpg

左舷ウイングから見た前甲板。
068-34.jpg

艦橋へ。艦橋見学中に薩摩系久留米人さんにお会いしました。
068-35.jpg

艦橋内は「ゆき」「きり」型と同じような雰囲気です。
068-36.jpg

一通り艦橋を見学したところで後部中央のハッチをくぐってラッタルを降りていきます。
068-37.jpg

神棚。場所が艦橋を出てすぐの所かその1層下か忘れましたがどちらかのはず。
068-38.jpg

第1甲板まで降りハッチをくぐって右舷側通路へ。
068-39.jpg

洋上給油用の受給プローブ。最近の一般公開では震災対応の写真パネルがあちこちに展示してあるのが普通になってきましたね。
068-40.jpg

錨鎖甲板。
068-41.jpg

立ち入り規制のロープがかなり手前に張ってあるので焦点距離10mmでも主砲ははみ出てしまいます。
068-42.jpg

艦橋構造物前面に浮き輪が二つ。
068-43.jpg

左舷側通路を後方へ。艦橋構造物横の通路はかなり広いです。
068-44.jpg

しかし格納庫脇の通路はやや狭いですね。
068-45.jpg

後部飛行甲板へ。
068-46.jpg

飛行甲板の中央に標的機「CHUKAR Ⅲ」が展示してあります。
068-47.jpg

飛行甲板後端の対空識別番号。
068-48.jpg

飛行甲板左舷側後端付近から。格納庫でグッズ販売をしてました。
068-49.jpg

しばらく飛行甲板をうろついたところでそろそろ下艦しようかと右舷前方へ行くと桟橋の調整をしてました。
068-50.jpg

1434に下艦。
068-51.jpg

下艦後は外観撮影を。
068-52.jpg

068-53.jpg

068-54.jpg

その後佐世保地方総監部のテントへ。ペーパークラフトが4隻(「そうりゅう」「てんりゅう」「じんつう」「なるしま」)ありましたので1隻ずつ撮影を。写真は「てんりゅう」。
068-55.jpg

撮影を終えたところで前に立っていた中の人から「ありがとうございます。作った甲斐がありました。」と声をかけられました。展示してあるペーパークラフトを作った方とのことで少しお話を。今回のイベントのために「てんりゅう」を作成し、その勢いで「そうりゅう」も作成したとのこと。佐世保シーサイドフェスタで新作を期待しておりますと伝えてテントを後にしました。

しばらくうろついた後イベントバースを後にしました。
068-56.jpg

その後はしばらく市内をうろつき1830から博多駅前で飲み会(大学時代のサークルのOB会)。いつも宿泊しているビジネスホテルが満室で予約が取れなかったので近くのカプセルホテルに宿泊。

次回から5/27分です。




スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog