プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.12.19    カテゴリ:  海自艦艇 

   12月9日佐世保港DDH-144「くらま」&DD-103「ゆうだち」入港

道路改良工事が終わってずいぶんと走りやすくなった県道を南下し、庵ノ浦手前の撮影ポイント(JShipsVol.45の南第5カーブポイント)へは1525に到着。
大崎沖にDD-157「さわぎり」がいますよ。しかし錨は降ろしておらず、ゆっくりと漂流しています。時間調整でしょうか。後方に搭載艇と思しき内火艇がいます。右手前を佐世保市海面清掃船「せいうん」が北上して行きました。
054-25.jpg

しばらく待ってみましたが動く様子がないので俵ヶ浦の集落へ移動します。するとちょうど入港してくるDDH-144「くらま」が見えました。ここで初めて最初の入港艦が「しらね」だったことに気付きました。
寄船の沖を通過した「くらま」。1540撮影。
054-26.jpg

10数枚撮影したところで先ほどまでいた所へ戻ります。到着してすぐに「くらま」が姿を現しました。
054-27.jpg

航路に従い左に変針します。
054-28.jpg

変針を終え北上して行きます。右奥に「さわぎり」。
054-29.jpg

目の前を通過して行きます。撮影焦点距離60mm。
054-30.jpg

054-31.jpg

陸地に隠れる手前で撮影を切り上げ、車に戻って椎ノ木バス停へ移動。このとき一時的に「くらま」周辺だけに光が当たっていました。
054-32.jpg

撮影中に助手席に転がしていた物から入港艦情報が聞こえてきました。1625高後崎通過予定とのこと。
「くらま」からは陸地に隠れる直前に「入港用意」のラッパと号令が聞こえてきました。
054-33.jpg

「くらま」が陸地に隠れたのが1557。ここから赤崎まで追いかけてると入港艦の撮影に間に合いませんので、しばらくここで「さわぎり」を撮影しながら時間をつぶします。
054-34.jpg

1615過ぎに俵ヶ浦集落へ移動。横瀬沖に米給油艦「ウォルター・S・ディールWalter S. Diehl」が停泊しています。
054-35.jpg

湾口の方をみるとDD-103「ゆうだち」が入港してくるのが見えました。
054-36.jpg

S字を描いて入港してきます。
054-37.jpg

1623に高後崎通過。
054-38.jpg

目の前を通過して行きます。撮影焦点距離220mm。
054-39.jpg

ここから再度庵ノ浦手前まで戻りますが、途中のカーブで数枚撮影。
054-40.jpg

庵ノ浦手前まで戻ってきたところで待ち構えているとすぐに「ゆうだち」が姿を現しました。
054-41.jpg

航路に従い左へ変針します。
054-42.jpg

054-43.jpg

ちょっと陸地寄りを通っているようで一時的に木の陰に隠れます。左上に「さわぎり」。
054-44.jpg

白波を蹴立てて北上して行きます。
054-45.jpg

054-46.jpg

054-47.jpg

ここから再度椎ノ木バス停へ移動。
054-48.jpg

「くらま」と同様に陸地に隠れる手前で「入港用意」のラッパと号令。
054-49.jpg

最後に「さわぎり」を撮影。同じ所をぐるぐるとゆっくり回ってますが、まだ北上して行く気配はありません。右上には海保PM-95「あまみ」が写ってます。さっきまではいなかったような・・・
054-50.jpg


時刻は1640をまわり、曇り空と相まってISO800にしてもSSが1/100を下回るようになったのでここで撮影を切り上げました。


スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog