プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.17    カテゴリ:  海自艦艇 

   12月9日佐世保港MSC-601「ひらしま」&MSC-602「やくしま」入港他

先週金曜日は午後から半休とって定期検査のため病院へ行きましたが、終わっていつものように佐世保港へ。

競輪場前の交差点で信号待ちしていると、立神桟橋に入港艦が見えましたので、いそいで市営岸壁へ。
撮影を始めたときにはすでに艦前半部が桟橋に隠れていました。1444撮影。
入港艦はDDH-143「しらね」でした。しかしこのときは拡大して艦名を確認せずにDDH-144「くらま」だと思い込んでました。
054-01.jpg

撮影していると、掃海艇が1隻入港してきました。MSC-601「ひらしま」です。
054-02.jpg

倉島岸壁の定位置に向かって行きます。
054-03.jpg

054-05.jpg

定位置の沖で方向転換します。
054-06.jpg

そのまま岸壁の定位置へ。
054-07.jpg

そしてこのタイミングで後続艦が姿を現しました。MSC-602「やくしま」です。
054-08.jpg

「ひらしま」と「やくしま」を交互に数枚ずつ撮影。
054-09.jpg

054-10.jpg

1450に「ひらしま」の艇首旗が揚がりました。
054-11.jpg

その間に「やくしま」が目の前を通過します。
054-12.jpg

054-13.jpg

054-14.jpg

「ひらしま」と同様に方向転換して接岸します。
054-15.jpg

054-16.jpg

1457に「やくしま」艇首旗が揚がりましたが、接岸作業はまだ続いています。
054-17.jpg

この間に在泊艦船の撮影を。
倉島岸壁中央部にDD-132「あさゆき」とDD-130「まつゆき」。てっきりDD-127「いそゆき」だと思ってたら、舞鶴からのお客さんですよ。
054-18.jpg

倉島岸壁西側は空き。そこに人員輸送のためでしょうか、立神桟橋から曳船がやって生きて舳先を着けてしばらくいました。その向こう側にAMS-4303「あまくさ」。
054-19.jpg

平瀬係船池にはこの前日入港してきた米揚陸艦が2隻。LHD-2「エセックスEssex」。
054-20.jpg

LSD-42「ジャーマンタウンGermantown」。
054-21.jpg

SSKの岸壁にいるのはハウステンボスの関連会社HTBクルーズが来年から長崎-上海航路に投入する「オーシャンローズ」。元は1991年に就役した新日本海フェリーの「フェリーらべんだあ」で、2004年にギリシャへ売却され「アイオニアンキングIonian King」となり、今年HTBクルーズが購入し現在改装工事が行われています。日本船籍にして欲しかったところですが残念ながらパナマ船籍です。
054-22.jpg

立神桟橋に7隻。
DD-154「あまぎり」
DDG-176「ちょうかい」
DDG-178「あしがら」
ARC-482「むろと」
AOE-424「はまな」
「むらさめ」型DD(艦名確認できず)
DDH-143「しらね」
054-23.jpg

「しらね」の入港支援を行った曳船は「むろと」の横にいます。「むろと」出港を期待しましたが、よくみると「むろと」のレーダーは止まったままです。
そうしていると支援船桟橋から防舷物を抱えた小型曳船が出て来ました。入港艦があるようです。
054-24.jpg

ということで入港艦を撮影すべく庵ノ浦方面へ向かいます。


以下次回。

スポンサーサイト
ご無沙汰しております。
相変わらずいい写真を撮っていますね~、
羨ましい限りです、楽しく拝見させていただいていますよ。
コメントありがとうございます。
最近は撮影時の透明度が余り良くないことが多いのが残念です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。