プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011.11.08    カテゴリ:  海自艦艇 

   10月30日高知港ASE-6101「くりはま」入港

さて、当日書いたように「とさ」体験航海で高知に行ってから3週間後の10/30に再度高知に行ってきました。
お目当てはこの日入港して当日午後と翌日に一般公開を行うASE-6101「くりはま」。
当日は呉基地の定例艦艇公開で「いせ」が初の一般公開で迷いましたが、「くりはま」はこれまでほとんど一般公開が無く(昨年伊勢湾マリンフェスタで一般公開があったようですが行けませんでした)、艦齢30年を越えていてこれを逃すともう「くりはま」を見学する機会はないかもしれないと考えると、やはり「くりはま」を選ぶしかないでしょう!

出発は前日2240頃。西九州道~長崎道~九州道~中国道。美東SAでトイレ休憩と夜食。山陽道に入って小谷SAで給油。倉敷JCTから瀬戸中央道経由で四国に入り高松道~高知道。事前情報によると「くりはま」の入港時刻は0800。前回「とさ」出入港を撮影したところで入港を撮影しようとすると0700過ぎには到着しないといけないので途中で仮眠する暇はありません。鴻ノ池SAと南国SAでトイレ休憩の他はひたすら走って高知ICを0550頃通過。0630に撮影ポイントに到着。

この日は小雨が降ったり止んだりの天候でした。途中のコンビニで買ったおにぎりで朝食。0710過ぎにTugboatさんがやってきました。しばらく話をして待っていると0725に「くりはま」が桂浜信号所の向こう側に見えてきました。
急いで三脚を据えてΣ50-500mmをセッティングし、「くりはま」が防波堤を廻って全体が見えてきたところで撮影開始。
051-01.jpg

このときには雨はほとんど止んでました。この場所でこの時間は晴れていればド逆光のはずですが、悪天候のおかげで光線状態は悪くはありません。ちょっと暗いですが。
前回の「とさ」同様に浮標をまわって左に変針してきます。
051-02.jpg

051-03.jpg

051-04.jpg

浦戸橋を通過する際には真正面を向いてます。
051-05.jpg

撮影焦点距離が300mmを切った辺りでK20D+DA60-250mmに変更。こちらは手持ちです。
051-06.jpg

051-07.jpg

航走波が小さいですが、やはり航行中の姿はいいですねぇ。
051-08.jpg

051-09.jpg

60mmでいっぱいになる寸前でK-5+DA16-50mmに持ち替えて撮影続航。最接近は0735に50mmでの撮影。
051-10.jpg

航路に従い右に大きく変針します。再度K20D+DA60-250mmに変更。
051-11.jpg

K20Dはバックに山林が入るとWBがGに寄るのが悩みの種です。
051-12.jpg

051-13.jpg

「くりはま」が変針を終えたところでちょっと早めに撮影を切り上げます。焦点距離220mmで0737に撮影。
051-14.jpg

ここからTugboatさんの車の後ろをついて「くりはま」の接岸する第1埠頭へ。さすがに地元だけあってカーナビが示す道とは異なる道をちょっと飛ばし気味に走っていきます。途中助手席に転がしていた物から「くりはま」と民間船の交信が聞こえてきましたが運転中のためなかなか操作ができず最後の方「・・・このまま直進します」とだけ聞き取れました。
そして0750過ぎに5号岸壁に到着。「くりはま」と交信していたと思われる貨物船が接岸作業中です。ならばということで東側の6号岸壁へ移動。南の方に「くりはま」の姿が見えましたのでカメラつかんで撮影開始。
051-15.jpg

しかし普通ならいるはずの入港支援の方達の姿が見えません。ここじゃないとすると4号岸壁の「とさ」の定位置の先のところかと話していると「くりはま」が変針し始めました。
051-16.jpg

やはり向こうだということで車に乗り込み4号岸壁へ移動。こちらに高知地本のテントがあり入港支援の中の人と入港歓迎の横断幕を掲げた人達がいました。UW旗を揚げている方もいます。
車を降りて撮影再開。
051-17.jpg

この頃からまた雨がポツポツと振り始めました。こういうときカメラ・レンズ共防塵防滴だと安心です。
051-18.jpg

051-19.jpg

近づいてきて16mmでは入り切らなくなりましたが、レンズ交換してる暇はないので後ろに下がって全体を納めます。
051-20.jpg

接岸場所の沖で停止しました。
051-21.jpg

この頃から少し雨足が強まりました。前後の舫いが繋がれゆっくりと岸壁に近づきます。
051-22.jpg

0809に接岸。ここから桟橋設置作業が始まります。
051-23.jpg

これから用事があるというTugboatさんとはここでお別れです。桟橋が架かると岸壁のテントにいた方達が乗艦していきました。この間に外観撮影にまわります。
051-24.jpg

051-25.jpg

051-26.jpg

一通り岸壁から撮影したところで車に戻ります。前日から寝てないのでここで寝ようとしましたが、薬の効きがいつもより良くて20~30分おきにお手洗いに通ったため結局あまり寝られませんでした。1150頃に近くのコンビニに行って弁当を買い岸壁で昼食。午後からの一般公開を待ちます。


以下次回。


スポンサーサイト
1ヶ月に2回も高知まで来て頂いて、誠にありがとうございます<(_ _)>
私は翌日仕事を抜け出して(^^;ゞ見学してきましたが、平日にもかかわらず、本当たくさんの人でしたよ。
さて、「くりはま」ですが、中の人の話によると、今まで一般に公開した事はほとんどなく
しかも艦艇広報として公式の一般公開は、昨年の四日市(伊勢湾マリンフェスタ)が初めてで、
今回の高知での一般公開が2回目だそうですよ。
来年には退役するそうなので、おそらく今回が最後になるでしょう・・・ということでした。
30年のうち2回、いやぁ~実に貴重な体験でしたね、良かったです\(^_^)/
詳しくは次回の記事に書きますが、同じ話を私も聞きました。
多分同じ方からだと思いますが。
ちょっときつかったですが行って良かったです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog