プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2017.12.03    カテゴリ:  外国艦艇 

   10月15日佐世保港インド海軍P-29「カドマットKadmatt」&F-48「サツプラSatpura」

さて、倉島岸壁へカメラを向けるとすでに「カドマット」が曳船に曳かれて動き出していました。
155-17.jpg

曳船が離れそのまま前進していきます。
155-18.jpg

すぐに左に変針します。
155-19.jpg

250mmでは遠いのでK-5+Σ50-500に持ち替え。
155-20.jpg

曳船はそのまま「カドマット」にとりつきます。
155-21.jpg

近づいてくる「カドマット」。傘を差しながらの撮影です。
155-22.jpg

K-3+DA60-250mmに戻します。
155-23.jpg

そのまま南下する「カドマット」を追いかけます。
155-24.jpg

後方に巡視艇らしきものが写っていますが、帰って画像確認したところHS-26「はやしお」でした。
155-25.jpg

ほぼ真横。撮影焦点距離118mm。
155-26.jpg

樹に隠れるまで追い続けます。
155-27.jpg

坂を上って場所を移動。
155-28.jpg

155-29.jpg

陸地に隠れるまで・・・と行きたいところですが、すぐに次が動き出しますのでここらで切り上げてまた坂を下って元の場所へ戻ります。
155-30.jpg

「サツプラ」に曳船がとりつき出港作業中です。
155-31.jpg

すぐに曳船を伴ったまま前進していきます。
155-32.jpg

「サツプラ」とは異なり港の中央部まで進んでいきます。
155-33.jpg

155-34.jpg

赤崎沖まできてようやく変針しました。
155-35.jpg

カメラを持ち替えること無くK-3+DA60-250mmで撮影を続けます。
155-36.jpg

155-37.jpg

155-38.jpg

155-39.jpg

煙突から黒煙があがりました。やはりインド艦艇はこうでないと。
155-40.jpg

ほぼ真横。撮影焦点距離80mm。
155-41.jpg

樹に隠れるまで追い続けます。
155-42.jpg

坂を上って場所を移動。
155-43.jpg

155-44.jpg

155-45.jpg

陸地に隠れるまで追い続けます。
155-46.jpg

陸地に隠れたところで撮影終了。雨が降ってなければ俵ヶ浦集落まで移動して追いかけるところですが、しばらく車内で画像確認などして休憩した後帰宅しました。


スポンサーサイト

2017.08.27    カテゴリ:  外国艦艇 

   7月8日江田島市大須港カナダ海軍338「ウィニペグWinnipeg」&341「オタワOttawa」

さて、カメラを「ウィニペグ」のほうへ向けると、500mmでそこそこの大きさに写るくらいまで近づいてきています。
153-30.jpg

500mmでの撮影。低い艦橋構造物に2本のマスト、大きな煙突とかなり印象的な艦影です。前部マストの対空レーダーは回転していませんが、後部マストトップの水上レーダーはかなり早い速度で回転しています。
153-31.jpg

広角側へズームしながら追いかけます。
153-32.jpg

300mmを切ったあたりでK-3+DA60-250mmへ持ち替え。
153-33.jpg

153-34.jpg

153-35.jpg

153-36.jpg

153-37a.jpg

正横は80mmでの撮影。
153-38.jpg

1110に後続の「オタワOttawa」が姿を現しました。
153-39.jpg

しばらくは「ウィニペグ」をメインに時々「オタワ」を撮影します。
153-40.jpg

153-41.jpg

「オタワ」のほうは水上レーダーも回転していませんでした。
153-42.jpg

153-43.jpg

153-44.jpg

153-45.jpg

153-46.jpg

こちらも300mmを切ったところで持ち替え。
153-47.jpg

153-48.jpg

かわりに「ウィニペグ」のほうへK-5+Σ50-500mmを向けます。
153-49.jpg

ここから「オタワ」をメインに撮影。
153-50.jpg

153-51.jpg

153-52.jpg

153-53.jpg

先行する3隻の単縦陣。
153-54.jpg

こちらは60mmでの正横撮影。
153-55.jpg

153-56.jpg

153-57.jpg

153-58.jpg

153-59.jpg

153-60.jpg

ズーム広角端60mmでカナダ海軍2隻を1枚に。
153-61.jpg

望遠端250mmでの撮影。
153-62.jpg

ここからΣ50-500mmに交代。
153-63.jpg

153-64.jpg

153-65.jpg

これで撮影終了。時刻は1120。機材を撤収して車に戻ります。しばらく休憩していたら雨が降り出しましたのでそのまま帰ることにしました。なお雨はその後すぐにやみました。しびれ峠で呉基地在泊艦船を確認しましたが大型艦は3隻ほどしかいませんでした。ちなみに「かが」はこのとき佐世保にいたようです。途中で給油して第二音戸大橋経由で呉市内に入りそのまま広島呉道路経由で山陽道へ。沼田PAで遅めの昼食、玖珂SAで4時間ほど仮眠。中国道に入って美東SAで夕食の後はひたすら走って九州道~長崎道~西九州道で2100過ぎに帰着。


2017.06.11    カテゴリ:  外国艦艇 

   5月5日佐世保港L-9013「ミストラルMistral」出港

さて、「くにさき」の撮影を終えカメラを庵浦方面へ向けた数分後、0937に仏揚陸艦L-9013「ミストラルMistral」が姿を笑わしました。
151-28.jpg

航路に従い変針します。
151-29.jpg

151-30.jpg

151-31.jpg

近づいてくる「ミストラル」。
151-32.jpg

いつもどおり撮影焦点距離が300mmを切ったところでカメラを持ち替えます。
151-33.jpg

4/29撮影分と比べるとヘリが1機増えてますね。
151-34.jpg

再度カメラを変えて正横は焦点距離43mmで撮影。
151-35.jpg

0953に港外へ。
151-36.jpg

一旦陸地に隠れます。
151-37.jpg

3分程で再び姿を現します。
151-38.jpg

そのまま「ミストラル」を追い続けます。
151-39.jpg

入港船が見えてきました。
151-40.jpg

パイロット船が接舷た。
151-41.jpg

パイロット船が離れると増速します。先行する「おおすみ」等とは異なり陸地にちょっと隠れますが左に変針して遠ざかります。
151-42.jpg

「ミストラル」撮影はこれまで。以下次回。


2017.05.03    カテゴリ:  外国艦艇 

   4月29日佐世保港仏海軍L-9013「ミストラルMistral」

先週の土曜日に日米英仏合同演習に参加する仏強襲揚陸艦L-9013「ミストラルMistral」が佐世保に入港しましたが、前日夜に会社の飲み会があり明け方まで飲んでたので入港は撮影できませんでした。昼過ぎに起き出して弓張岳展望台へ。
この日は透明度が良くなく肉眼で見ても白っぽくかすんでました。
149-01.jpg

当然平瀬か立神にいると思ってたので、一瞬アレ?と思いましたが、倉島岸壁にいましたよ。報道によると相浦の陸自部隊を乗せるようなのでそのためでしょうね。
149-02.jpg

立神桟橋には呉から転籍して前日に入港したDDH-182「いせ」がいます。
149-03.jpg

平瀬岸壁に米LHD-6「ボノム・リシャールBonhomme Richard」。国籍の異なる全通甲板型艦艇が3隻そろい踏みです。
149-04.jpg

一通り撮影を終えると干尽の市営岸壁へ移動。 掃海艇2隻の他は「ミストラル」搭載の揚陸艇ですね。
149-05.jpg

それにしても倉島岸壁は水深がそれほど深くないので大きな船は接岸できないと聞いたことがあるのですが、ここにこんな大きな艦が着けているのを見るのは初めてです。
149-06.jpg

世界の艦船増刊「世界の海軍2017-2018」によれば「ミストラル」級の喫水は6.2m。海自「おおすみ」型が6.0mなので大きさの割には浅いといえるのでしょうか。
立神桟橋の「いせ」とのツーショット(手前に別の艦が2隻いますが)。
149-07.jpg

移動しながら撮影していきます。この日は釣り人の人達も多かったですが、同様に写真を撮る人達も多かったですね。
149-08.jpg

逆向きに移動。
149-09.jpg

149-10.jpg

「いせ」「ボノム・リシャール」との3ショット。
149-11.jpg

「ミストラル」艦上にヘリが2機いますが、後方の機は英軍のもののようです。
149-12.jpg

149-13.jpg

ここで撮影していると立神桟橋へ向かうDD-117「すずつき」が見えてきました。
149-14.jpg

車まで引き返して望遠ズームに付け替えて撮影。透明度が悪い上に逆光で写真的には今ひとつです。
149-15.jpg

一通り撮影を終えたところで場所を移動。
149-16.jpg

149-17.jpg

149-18.jpg

149-19.jpg

これで撮影終了。買い物に行った後夕方に西九州道を通過していると立神桟橋へ向かう護衛艦がいましたが撮影は出来ませんでした。







2016.06.05    カテゴリ:  外国艦艇 

   5月15日江田島大須港HMAS SSG-78「ランキンRankin」他

前回記事の豪潜水艦「ランキンRankin」ですが、海自ニュースリリースによると5/1まで阪神基地に在泊し、共同訓練の後5/15~20に呉基地寄港とのこと。ということで5/15の呉基地入港を撮影してきました。

0030少し前に出発。相浦中里ICから西九州道~九州道~中国道~山陽道~広島都市高速~広島呉道路。呉市内を通過し第二音戸大橋経由で大須港には0640過ぎに到着。手前の椎ノ木鼻もふくめすでに数人の同好者がいます。
さて、前日なにげなしにAISを見ていて「Australian Submarin」の表示があったのには驚きましたが、おかげで余裕を持って撮影準備ができます。0700過ぎから動き始めましたが、少し動きが遅いようで、0745過ぎにようやく陸地の陰から姿を現しました。
139-01.jpg

この日は透明度が悪く、ファインダーを覗いても真っ白です。0800に広島-三高航路のフェリーが手前を横切ります。あれに乗ってるといい感じに撮れたでしょうね。
139-02.jpg

これまでここで撮影した艦艇に比べると非常にゆっくりとした動きで、なかなか近づいてきません。
139-03.jpg

それでも0820過ぎには500mmでそこそこの大きさに写るまで近づいてきました。
139-04.jpg

フェリーが手前を追い越していきました。
139-05.jpg

少し速度が上がったのか、ようやく500mmでいっぱいに写るようになりました。K-5+Σ50-500mmで0824撮影。
139-06.jpg

同時刻にK-3+A001望遠端200mmで撮影。
139-07.jpg

K-5での撮影焦点距離が300mmを切るあたりまではK-5とK-3で交互に撮影します。
139-09.jpg

その後はしばらくK-3のみで撮影。
139-10.jpg

それにしても透明度が悪く、ここまで近づいても全体に白っぽい写真になってしまいます。
139-11.jpg

0828に真正面に来ました。撮影焦点距離130mm。
139-12.jpg

139-13.jpg

139-14.jpg

139-15.jpg

望遠端200mmでいっぱいに写るようになったところでK-5に切り替えます。
139-16.jpg

139-17.jpg

陸地に隠れて見えなくなるまで撮影を続けます。139-18.jpg

0840に撮影終了。撮影中に「おやしお」型SSが2隻呉基地を出港したとの情報がありましたので、しばらくそのまま待機していると0854に陸地の陰から1隻が姿を現しました。
139-19.jpg

こちらはいつもと同じくらいの速度で航行してます。
139-20.jpg

マストに隊司令旗が揚がってますね。
139-21.jpg

0857に真正面に来ました。撮影焦点距離200mm。少し艦首側が上がっているように見えます。
139-22.jpg

139-23.jpg

139-24.jpg

139-25.jpg

500mmでは足らなくなったところで撮影終了です。0907撮影。
139-26.jpg

この時点でここで撮影していた同好者のうち2人は撤収されました。しかし、情報では2隻出港とのことでしたし、椎ノ木鼻にいる人達はそのままいますので、しばらく待機していたところ、0912にもう1隻が姿を現しました。
139-27.jpg

139-28.jpg

こちらもマストに隊司令旗が揚がってます。
139-29.jpg

139-30.jpg

0913に真正面に来ました。
139-31.jpg

139-32.jpg

139-33.jpg

139-34.jpg

0922に撮影終了。
139-35.jpg

椎ノ木鼻の人達も県道まで戻ったようですし、他に動きがなさそうなので、ゆっくり片付けて港の駐車場を後にします。

以下次回。





Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog