FC2ブログ
プロフィール

あさぴぃ

Author:あさぴぃ
佐世保を拠点に艦船撮影をしています。

写真をクリックすると大きな写真が開きます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2018.10.28    カテゴリ:  外国艦艇 

   8月5日佐世保港寄船崎シンガポール海軍揚陸艦L-207「エンデュアランスEndurance」出港

前回記事の最後に書いた出港船は体験航海中の海保巡視船PM-34「ちくご」ですが、これについては次回に。
「ちくご」が港外へでてからしばらく雑談しながら待っていると、1016にお目当てのシンガポール海軍揚陸艦L-207「エンデュアランスEndurance」が陸地から姿を現しました。
163-19.jpg

「フェリーみしま」の向こう側で航路に従い右に変針します。
163-20.jpg

163-21.jpg

変針を終えるとそのまま近づいてきます。
163-22.jpg

163-23.jpg

163-24.jpg

DFA150-450mm望遠端でいっぱいに写るところまで来ました。
163-25.jpg

163-26.jpg

163-27.jpg

K-5+DA60-250mmへ交換。
163-28.jpg

163-29.jpg

163-30.jpg

レンズをDA16-50mmに換えて正横は50mmで撮影。
163-31.jpg

再度DA60-250mmに戻して追いかけます。
163-32.jpg

163-33.jpg

1030に湾口を通過。
163-34.jpg

「エンデュアランス」は少し早めに変針し、陸地(というか木)に半分だけ隠れて港外へ移動していきました。
163-36.jpg

163-35.jpg

パイロット船が横付けしました。その向こう側には入港してくる「ちくご」。
163-37.jpg

パイロット船が離れると増速して遠ざかっていきます。
163-38.jpg

入港してくる「ちくご」と交互に撮影。
163-39.jpg

「エンデュアランス」が陸地に隠れるまで撮影。
163-40.jpg




韓国海軍艦艇の来日日程が公表されましたが、月曜入港・木曜出港では撮影に行けません。残念です。



スポンサーサイト

2018.10.24    カテゴリ:  米軍艦艇 

   8月5日佐世保港寄船崎T-AGOS-21「エフェクティブEffective」

前々回記事にちょっと載せたシンガポール海軍揚陸艦がその翌日に出航しましたので撮影してきました。

当日は寄船崎の波止場に0900過ぎに到着。この時点で同好の士とおぼしき車はほとんどありませんでした。カメラ機材準備していつもの撮影場所へ徒歩で移動。
いつものメンツが集まりつつある中0925に出航してくる米海洋観測艦を確認。
163-01.jpg

この日は透明度があまりよくなく少しかすんでいます。
163-02.jpg

CL-169「ことざくら」がやってきて目の前にいた漁船に航路から移動するように指導していました。
163-03.jpg

その間にも音響測定艦は近づいてきています。
163-04.jpg

撮影画像を拡大して艦名を確認。T-AGOS-21「エフェクティブEffective」です。
163-05.jpg

163-06.jpg

163-07.jpg

三脚に据えたK-3+DFA150-450mmからK-5+DA60-250mm手持ちへ。
163-08.jpg

正横は撮影焦点距離118mm。
163-09.jpg

163-11.jpg

163-12.jpg

0941に湾口を通過。
163-13.jpg

いつもより早く右へ変針します。
163-14.jpg

163-15.jpg

陸地に隠れることなく変針を終えました。
163-16.jpg

カメラをK-3に戻して撮影続行。
163-17.jpg

パイロット船がとりつきました。
163-18.jpg

出港船が見えてきたので適当なところで撮影を切り上げます。



以下次回。

2018.10.17    カテゴリ:  海保船艇 

   8月4日佐世保港PM-34「ちくご」出港

今回は前回記事でちょっと書いた「すずつき」見学中に出港していった海保巡視船「ちくご」です。

この日「ちくご」はシーサイドフェスティバル2018の行事として体験航海を行っていました。巡視船基地から後進で出てきます。
162-86.jpg

前回書いたとおり「すずつき」の飛行甲板から撮影しています。
162-87.jpg

「すずつき」の真横まで来ました。
162-88.jpg

162-89.jpg

速度を落とすとその場で旋回します。
162-90.jpg

162-91.jpg

162-92.jpg

162-93.jpg

162-94.jpg

162-95.jpg

180°旋回すると前進して沖に出ます。
162-96.jpg

162-97.jpg

162-98.jpg

CL-169「ことざくら」が後方警戒につきました。 左に変針して南下していきます。
162-99.jpg



現在佐世保港に豪海軍艦艇が寄港していますが、火曜日入港金曜日出港では撮影に行けません。残念です。





2018.10.12    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   8月4日佐世保地方隊サマーフェスタ2018DD-117「すずつき」一般公開

さて、車に戻って荷物を整理したのち、歩いて倉島基地へ。入り口で受付を済ませて岸壁へ向かいます。
162-48.jpg

ここではDD-117「すずつき」が一般公開してます。
162-49.jpg

その前方には親善訪問で来ているシンガポール海軍揚陸艦L-207「エンデュアランスEndurance」。8/1に入港し、「すずつき」がホストシップを務めていました。
162-50.jpg

早速「すずつき」見学へ。艦中央部に架けられた桟橋から乗艦します。時刻は1309。
162-51.jpg

乗艦途中に銘板を撮影。
162-52.jpg

パンフレットを受領し、順路に従い右舷通路を前方へ。ハッチをくぐってすぐのところの説明板。
162-53.jpg

162-54.jpg

午前中に見学した「あさひ」と同様に三連装短魚雷発射管と自走式デコイランチャーが並んでいます。
162-55.jpg

収納状態の舷梯。カバーも閉じたままです。
162-56.jpg

前甲板へ。
162-57.jpg

錨鎖甲板。立ち入り防止のロープがかなり前の方に張っていました。
162-58.jpg

おかげで例の構図も余裕を持って収まります。
162-59.jpg

162-60.jpg

主砲の後ろから艦橋構造物を撮影。
162-61.jpg

順路に従い左舷側通路を後方へ。
162-62.jpg

左舷側の三連装短魚雷発射管。「あさひ」同様こちら側には自走式デコイランチャーはありません。
162-63.jpg

左舷側艦中央部付近から前方を撮影。
162-64.jpg

巡視艇桟橋からCL-133「あいかぜ」が出てきました。奥のCL-169「ことざくら」はしばらくこのあたりで遊弋していました。
162-65.jpg

順路に従い左舷側通路を後方へ。お約束の浮き輪。
162-66.jpg

格納庫上にあるレーダーアンテナ室前面の衛星通信アンテナの台座。現在のところここに衛星通信アンテナがあるのは1番艦の「あきづき」のみで、「すずつき」には後日装備となっています。
162-67.jpg

この台座の真下にあるハッチをくぐると格納庫へ。
162-68.jpg

テーブルの上に置いてあったモノ。中央のケースには「すずつき」と先代「涼月」の洋上模型。右側には艦これ涼月のフィギュア。
162-69.jpg

飛行甲板に出てしばらくすると巡視船基地からPM-34「ちくご」が後進で出てきました。「ちくご」出航の様子は次回に。
162-70.jpg

立ち入り防止ロープのところから前方を撮影。
162-71.jpg

自衛艦旗と対空識別番号。その手前に着艦拘束装置。
162-72.jpg

発着艦管制所。
162-73.jpg

順路に従い右舷側通路へ。
162-74.jpg

162-75.jpg

右舷中央部付近から艦橋構造物を撮影。
162-76.jpg

逸失物浮標。
162-77.jpg

銘板を裏側から。
162-78.jpg

乗艦したのと同じ桟橋から1350に下艦。そのまま後方へ移動し外観撮影。
162-79.jpg

立ち入り防止柵の位置から掃海艇を撮影。

162-80.jpg

同じところから「すずつき」を撮影。
162-81.jpg

前方から。
162-82.jpg

帰る前に倉島庁舎1Fの売店へ。庁舎前から「すずつき」を撮影。
162-83.jpg

基地を出て車に戻ります。途中三浦岸壁の「あさひ」を撮影。
162-84.jpg

五番街前の岸壁でHS-26「はやしお」が給油作業中でした。
162-85.jpg

これでこの日の撮影は終了です。



2018.10.06    カテゴリ: 海自艦艇一般公開(海自) 

   8月4日佐世保地方隊サマーフェスタ2018DD-119「あさひ」一般公開

またしても撮影から2ヶ月が過ぎてしまいましたが、佐世保シーサイドフェスティバルと同時開催された佐世保地方隊創設65周年サマーフェスタ2018での艦艇一般公開に行ってきました。

当日は1010過ぎに会場に隣接する新みなと駐車場に到着。カメラ機材を準備して岸壁へ。すでに三浦岸壁には公開艦であるDD-119「あさひ」が接岸しています。前日に来ていたようです。
162-01.jpg

シーサイドフェスティバル会場前の岸壁にはPG-289「しらたか」がいます。
162-02.jpg

「あさひ」を撮影しつつ移動。
162-03.jpg

正面から。
162-04.jpg

すでに電灯艦飾の準備がしてあります。
162-05.jpg

当該岸壁は入場規制区域なので一般公開開始までは閉門しています。すでに開門待ちの列ができていたので最後尾に付きます。1100に開門。
162-06.jpg

手荷物検査を受けてから「あさひ」へ向かいます。162-07.jpg

舷梯。
162-08.jpg

舷梯横のテントで艦橋見学(限定20名)の抽選くじ引きが行われていましたので引いてみましたがハズレでした。
162-09.jpg

その隣のテントで「あさひ」と第22航空群のパンフレットを受領。「あさひ」のパンフレットはB5サイズ(A4二つ折り)でした。そのままその先の乗艦用桟橋へ。
162-10.jpg

1107に乗艦。乗艦直前に銘板を撮影。
162-11.jpg

乗艦してすぐに艦首方向艦橋構造物を撮影。
162-12.jpg

順路に従い舷側通路を艦首方向へ。「あきづき」型と同様に右舷側に1基だけ装備されている自走式デコイランチャー。
162-13.jpg

その先にはおなじみの三連装短魚雷発射管HOS-303。
162-14.jpg

そのまま進んで前甲板へ。
162-15.jpg

主砲の62口径5インチ砲Mk45mod4。立ち入り防止ネットが主砲塔のすぐ前に設置されています。
162-16.jpg

なのでいつもの「主砲と艦橋構造物」はこれが限界です。
162-17.jpg

錨鎖甲板。左側にシーサイドフェスティバル会場が見えてます。
162-18.jpg

主砲の左舷側から艦橋構造物を撮影。この角度からだと後ろの絶壁が見えないのでレーダーやCIWSレドームの色以外は「あきづき」型とあまり変わらない印象です。
162-19.jpg

VLS横から艦橋構造物を撮影。
162-20.jpg

順路に従い左舷側通路を後方へ。左舷側舷梯は収納状態ですがカバーは開いています。
162-21.jpg

左舷側の三連装短魚雷発射管。
162-22.jpg

中部甲板に出たところで艦橋構造物を撮影。
162-23.jpg

後部上構。投射式静止型ジャマーランチャーがちょっとだけ見えてます。
162-24.jpg

前部上構。
162-25.jpg

順路に従い左舷側通路を後方へ。お約束の浮き輪。
162-26.jpg

救命筏の下をくぐって突き当たりのハッチをくぐると格納庫へ。
162-27.jpg

格納庫内。右側の人だかりは立ち入り検査隊の装備展示です。
162-28.jpg

格納庫内に展示してあった旗。
162-29.jpg

しばらく格納庫内を見学した後に飛行甲板へ。

162-30.jpg

飛行甲板にはSH-60Kが1機展示してありました。
162-31.jpg

しばらく飛行甲板をうろついているとラッパ吹奏展示が始まりましたので見学します。
162-32.jpg

続いて手旗信号展示。
162-33.jpg

立ち入り検査隊による護身術。
162-34.jpg

サイドパイプ吹奏展示。
162-35.jpg

最後に結索展示。
162-36.jpg

発着艦管制所。
162-37.jpg

右舷側のハッチをくぐり通路を艦首側へ。左側のハッチは格納庫へ通じています。
162-38.jpg

ハッチをくぐりそのまま舷側通路を前方へ。
162-39.jpg

逸失物浮標。
162-40.jpg

ひととおり見学したところで乗艦したのと同じ桟橋から1247に下艦。
162-41.jpg

162-42.jpg

岸壁を後方へ移動し外観撮影。
162-43.jpg

162-44.jpg

フェンスの向こう側倉島基地内に接岸しているAMS-4303「あまくさ」とMSC-685「とよしま」。
162-45.jpg

「あさひ」外観撮影を続けながら戻ります。
162-46.jpg

162-47.jpg

この後、出口近くの物販テントでTシャツを2枚購入。岸壁を出て一旦車に戻ります。


以下次回。


Copyright © 西海艦船写真館 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog